海老蔵をフルボッコにした伊藤リオンの現在。山口組から連絡があり…

「市川海老蔵暴行事件」として当時、海老蔵さんがボコボコにされた様子が報道されました。

この事件の逮捕者、伊藤リオンの現在がいま話題になっています。


スポンサーリンク

市川海老蔵を暴行した伊藤リオンとは?

事件は2010年11月25日に起きました。
2010年とはいえ、衝撃的な事件でかなり話題にもなったので、記憶に新しい人もいるかもしれません。

事件の概要はこうでした。

その日海老蔵は、同じ歌舞伎仲間と飲んでいました。

その後も、飲み足りなかったのか、歌舞伎仲間とは別れて、都内でも悪名高くて有名な暴走族【関東連合】の元リーダーの石本太一と合流して飲みなおすことになります。

そして、だんだん泥酔してきた海老蔵が酔った勢いでに絡みはじめてしまいます。

当時の様子について、海老蔵本人は

「酔いつぶれた人(石本太一)を介抱していただけ」

と説明していましたが、実際そこに居合わせた人の証言によると、髪をつかんで持ち上げたり、灰皿にテキーラを入れて無理やり飲ませようとするなど、かなりひどいことをしていたようです。

そして、そんな泥酔した海老蔵が絡んでいる場面で、石本太一の後輩である、当時暴走族に所属していた伊藤リオンが合流します。

そこで海老蔵の態度に憤怒して暴行を加えた・・・というのが事件の概要です。

伊藤リオンはこの事件がきっかけで逮捕されています。


スポンサーリンク

伊藤リオンの現在!?

そんな彼が、2014年11月7日に山口組という兵庫県神戸市に本部を置く暴力団で、日本最大規模の指定暴力団とされる有力組織から破門されていた、という事実が発覚しました。

なんと、あの事件で刑務所に入り、出所後にはヤクザでも有力な組織の一員になっていただけでなく、すでに破門されていたのです。

山口組の組織への引き抜きがあったのは、伊藤リオンがこの事件をきっかけに存在を認められたから・・・?という声もありましたが、関係者の話によるとそれも違ったようで・・・。

この破門状の差し出し主である、山口組の最高幹部に名を連ねる二次団体の幹部であるX氏をよく知る人物が、このように話しています。

「彼は古き良きヤクザの色合いが強い組織で、東京の暴力団とはだいぶ毛色が異なります。

建前ではなく義理人情に厚く、人間関係と掟を重んじる。リオンを組員として迎えたのもそうした考えがあってのことだったと思いますよ。

他組織に手を出されないよう、守る意味合いもあったはずです。それくらい力はある組ですから。ところがリオンは彼の看板を抑止力として利用しながら、組には貢献しようとしなかった。

そもそも行動が子供染みていて言い訳や泣き言が多く、冷ややかな目で見られていましたよ。ヤクザとしては使い物にならなかったとの評判です。」

ネットでの反応

・ヤクザに破門されるってよっぽどだな

・ヤクザの破門状も一般企業のとほぼ同じなんだね

・バックが無くなった瞬間やられるんじゃね

・マジかよアントニー最低だな

・確かに似すぎててワロタアントニー

・ヤクザから破門とかもう半グレじゃないだろ

・昔のヤクザ映画とかだと破門になったら命が狙われるみたいな感じだったけど
実際はそうでもないの?ただのリストラみたいなもの?

暴力団に所属していてそこから出所してヤクザ団体から破門された今、
伊藤リオンの今後が危ういという声が多いようです。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 小林麻央のがんに対する海老蔵の言葉に非難殺到!これはひどい…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

海老蔵をフルボッコにした伊藤リオンの現在。山口組から連絡があり…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!