乃木坂46伊藤万理華、卒業理由とこれからの目標を語る

芸能


乃木坂46のベビーフェイス担当というキャッチコピーを持つ伊藤万理華

この度乃木坂46からの卒業を発表しましたが、その卒業理由と今後の活動について紹介していきます。

伊藤万理華が乃木坂46を卒業

2017年10月に乃木坂46からの卒業を発表した伊藤万理華

乃木坂46のベビーフェイス担当というキャッチコピーを持っており、まりっか という名前で親しまれていました。

@seventeen_nogi_46)さんの投稿

乃木坂46による初の東京ドームでのワンマンライブ<真夏の全国ツアー2017 FINAL!>が2017年11月7日・8日に開催され、それが伊藤万理華にとって卒業ライブとなりました。

ラストの挨拶で、

「私は一期生として6年間活動させていただいたんですけど、ありきたりな言葉かもしれないけど、
皆さんの応援があって大好きなメンバーがいて、大好きなスタッフさんがいたから私はアイドルとしてこのステージに立つことができたんだなと思っています。」

引用元:BARKS

と涙で声を詰まらせながらも、今まで応援してくれたファンに感謝の気持ちを伝えました。

乃木坂46の一期生として活躍していた伊藤万理華だけに、突然の卒業に悲しみを覚えたファンも多かったようです。

福神入りしなかった伊藤万理華ですが、彼女の根強いファンは多く、陰ながらに活躍していた姿が印象的でした。

伊藤万理華はまさに、乃木坂46の縁の下の力持ち的な存在だったことでしょう。

そんな伊藤万理華が乃木坂46を卒業してしまっては、寂しくなってしまいます。

ダブルアンコールでは、伊藤万理華が以前から好きな曲と言っていた「きっかけ」がラスト曲として披露され 、

「これがスタートだと思っているので、乃木坂46にとっても私にとっても日芽香にとっても。ここからは皆で突っ走って行きたいと思うので、これからも乃木坂46の応援をよろしくお願いいたします。」

引用元:BARKS

と乃木坂46卒業後の意気込みについても語りました。

「きっかけ」という曲名にちなんで、これから伊藤万理華が新しい人生を歩んでいくきっかけにもなったのではないでしょうか。

乃木坂46伊藤万理華の卒業理由

伊藤万理華の乃木坂46卒業にあたって、ファンからは寂しさと応援の声が入り混じっています

乃木坂46一期生として、グループの酸いも甘いも知っている伊藤万理華。

乃木坂46を一期生時代から知っているファンからすれば、伊藤万理華の卒業はなかなか堪え難いものでしょう…。

福神入りせず、テレビなどでの露出は少なかった伊藤万理華ですが、根強いファンは多かったと言われているため、伊藤万理華の乃木坂46卒業が与えた影響は大きかったと、思います。

乃木坂46卒業後もなお、ファンに影響を与え続ける伊藤万理華伊藤万理華が、乃木坂46に残したものや託したものは大きかったようです。

伊藤万理華には卒業後もSNSなどを通じて、ファンに近況報告をしていってほしいものです。

伊藤万理華は 乃木坂46の1期生で、乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」の特典映像で初のソロ曲「まりっか’17」が収録されました。

近いうちに「福神」入り、フロントメンバーに選ばれるのではといった予想がされていましたが、伊藤万理華はシングル16thシングル「サヨナラの意味」でも、選抜の上位者である「福神」になることができませんでした

福神入りできなかったことで「この頃卒業を決心したのでは?」と言われています。

伊藤万理華が初めて「福神」を務めたのは乃木坂46の19thシングル『いつかできるから今日できる』でした。

ですが決して人気がなかったというわけではありません。乃木坂46の17thシングル「インフルエンサー」に収録されている個人PV「伊藤まりかっと。」では、乃木坂46 Official YouTube Channelにおける個人ムービーの再生回数で1位を獲得しています。

このように伊藤万理華は乃木坂46メンバーの中でも高い人気を誇っていました。そんな人気絶頂期とも言えるこの時期に卒業を決めた理由は何があるのでしょうか?

伊藤万理華の卒業は個展と関係がある?


1 2 3