人を溶かす恐怖の泉。イエローストーン国立公園の熱水泉が怖すぎる

アメリカで観光客の男性が誤って

泉に落下し溶けて死亡する事故が発生。

泉で溶ける!?そう思いますよね。

世界には恐ろしいものがあるのです。


スポンサーリンク



人を完全に溶かす泉

アメリカで起きた、男性が

泉に落下し溶けてしまったという事故。

 

男性が溶けた?

なんでそんなことが起きるの?

 

ちょっと怖いですが、

気になるところですよね。

 

亡くなった男性は、

コリン・スコットさん(当時23歳)

 

今年6月に妹さんと2人で

イエローストーン国立公園に訪れ、

国立公園にある泉に足を運んだそうです。

 

イエローストーン国立公園とは、

アメリカ中西部にある国立公園で

世界初の国立公園。

 

イエローストン国立公園

とても人気のある公園なのです。

 

どうやらスコットさんは、

温泉浴ができる場所を探して

ノリス間欠泉近くの立入禁止区域

入ってしまったみたいです。

 

泉を発見したスコットさんは、

温度を確かめようと手を延ばした時に

足を滑らせ泉に転落してしまいました。

 

これが、実際に男性が落下した泉です↓

人を溶かす泉

 

すぐに妹さんが救急に連絡をし、

現場に隊員が到着。

 

でも、当時は激しい雷雨に見舞われていて

引き上げることが出来ませんでした。

 

残念なことにこの時点でスコットさんの

死亡が確認できていたそうです。

 

そして翌日、

遺体を引き上げようと現場に向かいます。

 

しかし、沈んでいたはずの遺体が

完全に消えて無くなっていたのです!

 

同行した森林責任者は、

「あっと言う間に骨まで融解されていた」

と話しています。

 

スコットさんは温泉を探しに

立入禁止の場所にまで行ったと言います。

よっぽど温泉が好きだったのでしょうか?

 

立ち入り禁止区域になる場所には、

それだけの理由があるのですね…

 

さらに妹さんの口から

衝撃発言が飛び出しました。

 

なんと彼女、

スコットさんが転落した様子を

携帯電話で撮影していたと言うのです。

 

もちろんネット上に公開はしていませんが

問題ある行動に思えますよね。

お兄さんが落ちていったのに

そんなことする余裕あるのか・・・

 

実は、この国立公園内にはこのように

危険な場所がたくさんあるというのです。

 

慎重に行動しなければ危険。

そう管理当局は話しています。

 

1870年以降、

子供7人を含む22人がこの国立公園の

熱水泉で死亡しているというのです。

 

人気の公園の意外な一面。

ちょっと行くのが怖くなりますね。

 

日本にもある危険な温泉

スコットさんが落ちてしまった泉の

酸性度ph 1〜2と言われています。

 

これは極めて高い酸性度。

 

何でも溶かすと言われている

人間の胃液と同じぐらいの濃度なのです。

 

ヒトが溶けないのは粘膜があるから。

もし無かったら、

ヒトは胃液で溶けてしまうそうです。

 

そんな胃液と同じ濃度の泉。

落ちたらひとたまりもないのでしょう。

 

しかも、

これは海外だけの話じゃありません!

なんと日本にも同じぐらいの

酸性濃度の温泉があるのです。

 

それは、秋田県にある玉川温泉

ここは塩酸を主成分としていて、

 ph1.05だそうです。

 

秋田県玉川温泉

 

とんでもないですね!

 

危険な場所には近寄らないのが1番。

好奇心に負けずに、

安全な場所ですごしたいものです。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ ヤコブの井戸の恐怖。人を死に誘うあまりの綺麗さに背筋が凍る。