交通事故で下半身が切断された男性。残された5分で彼が望んだこと。

お役立ち


交通事故で下半身切断され横たわる男性。

『僕、あとどれぐらいもちますか?』

『5分ぐらいです』何が望みがあるか聞き返すと・・・


あの時の自分の判断は正しかったのか…

ある日の午前3時頃、高速道路で交通事故が起きました。

 

通報後、現場へと急行した救急隊員が見たものは、

車に挟まれた男性の無残な姿でした。

 

男性は下半身切断の重症。

誰が見てももう助からないと一目瞭然の状態でした。

 

しかし、

車に挟まれることによって切断面が圧迫され

出血が少なかったため、男性にはまだ意識がありました。

 

男性は救急隊に質問しました。

「あとどれぐらいもちますか?」

 

救急隊員は

「5分ぐらいです」

と答え、何か望みがあるかを尋ねました。


1 2 3