交通事故で下半身が切断された男性。残された5分で彼が望んだこと。

交通事故で下半身切断され横たわる男性。

『僕、あとどれぐらいもちますか?』

『5分ぐらいです』何が望みがあるか聞き返すと・・・


スポンサーリンク



あの時の自分の判断は正しかったのか…

ある日の午前3時頃、高速道路で交通事故が起きました。

 

通報後、現場へと急行した救急隊員が見たものは、

車に挟まれた男性の無残な姿でした。

 

男性は下半身切断の重症。

誰が見てももう助からないと一目瞭然の状態でした。

 

しかし、

車に挟まれることによって切断面が圧迫され

出血が少なかったため、男性にはまだ意識がありました。

 

男性は救急隊に質問しました。

「あとどれぐらいもちますか?」

 

救急隊員は

「5分ぐらいです」

と答え、何か望みがあるかを尋ねました。

 

男性は

「家族と話したい」

と言いました。

 

救急隊は男性の携帯から男性の家に電話をかけました。

しかし、事故発生時刻が午前3時だったため、

どれだけコールしても家族は電話に出ませんでした。

 

「もういいです。ありがとう!」

男性はそう言い残し、息を引き取りました。

 

男性が亡くなって数分後

男性の携帯電話に着信がありました。

 

亡くなった男性の家からです。

 

救急隊員は電話に出ると、

男性が事故で亡くなったことを伝えました。

 

ここで救急隊は一つ嘘をつきました

 

家族に

「男性は即死だった」

と説明したのです。

 

救急隊は男性の最後の望みが

「家族と話したい」であったと伝えてしまうと、

家族が電話に出なかったことを

これからずっと後悔し続けるであろうと判断したためです。

 

しかし、

救急隊員の取った行動は意外にも賛否両論でした。

 

やはり最後は正確に伝えるべきではないかという

意見が少なくなかったようです。

 

救急隊は

あの時の自分の判断が正しかったのか、

今でも考えてしまう、と。

 

どうすることが正しかったのか。

 

答えは無いように思われますが、

それでも考えてしまうのでしょうね・・・。

 

ネットでの反応

・この救急隊員の判断は正しかったと思う

聞けば家族は絶対後悔する

 

・優しい嘘だな

 

・家族には男性の最後を知る権利がある

それを個人の判断で知らせないのはどうなんだろう

 

・死ぬ間際に救急隊員に「ありがとう」と言って

死んだ男性が素晴らしい

きっと人格者だったんだろうな

 

私がもし同じ状況になれば、やはり嘘をつくかもしれません。

そしてもし私が家族の立場であったら、

やはり嘘をつかれた方がトラウマにならずにすむと思います。

 

賛否両論はありますが、

この救急隊のついた嘘でこの家族は救われたかもしれません。


スポンサーリンク



関連記事

⇒  交通事故で少女をかばって片足を失った。10年後、その少女が結婚すると聞き・・・