人事もア然! タメ口面接官に喧嘩売った就活生が衝撃ww

毎年、就職活動で衝撃の話が1つや2つは出てきますが・・

面接官の質問に対し『あるよ。お前なんでさっきからタメ口なの?』タメ口返しで逆ギレは新しいんでないかい??w



スポンサーリンク

人事もア然!!『実録』酷い就活

日本は新卒一括採用をとっており、学生たちは一斉に就職活動を始めますよね。

筆者も過去、就職超氷河期に就職活動した経験があり、とにかくどこかひっかかっくれ〜!!と一生懸命でした。

今思えば、いい思い出〜〜・・ww

そんな筆者に、面接官にありえない一言を言った就活生の話題が耳に入りました。

ナヌッッッ!?
全貌はこちら!!

面接官に刃向かう?!



就活の面接で最後に大体聞かれるよくある質問「最後に何か言いたいことは?」に対して、

なんと!!
面接中の学生「あるよ?さっきからなんでタメ口なん?」と喧嘩を売ったんです!

面接官がタメ口だったことが我慢できなかったようなんですが…

↓↓↓驚愕の会話の続きはこちら↓↓↓

面接艦「は?」

俺「は?じゃねぇよ?
さっきから黙って聞いてりゃさ。
お前どこ大学出身だよ。
俺○(名前伏せるが知らない人いないレベルの有名私立)だが」

面接艦「っ!」

俺「だんまりかよ。やっぱその程度で俺にタメだったんだな。」

面接艦「帰れ!君にここにくる資格はない!」

俺「俺に資格がないんじゃない。俺があんたの視覚に収まる器じゃないのさ。」
俺「まぁ、何はともあれ俺はお暇するぜ。 」

俺完全勝利

確かに、面接で1度も質問されない、わざと横暴な態度をとる圧迫面接もあるようです。

ですから、経験した人からすれば、『スカッとした!よくぞ言ってくれた!』という気持ちではないでしょうか?

しかし、相手がタメ語だったからって、自分もタメ語なら同じ穴のムジナですよね・・

・・つうか、そもそも平気でそんな事言えちゃう、気がない会社を受けに行くなよ〜〜と思うのは私だけでしょうか?


スポンサーリンク

「最後に何かありますか」のなぜ

ところでこの話にもある、「最後に何かありますか」と面接で質問されるのはもやは定番ですよね。

しかし、なぜこの質問をするのか?知ってますか?

実は、まだ聞けていない学生の能力・人柄を知りたいと考えているのですよ。

当たり前ですが、面接官はこの短時間の面接だけで学生の全てがわかったとは考えていません。

よって、この質問で自分がまだ知らないその学生の魅力を知りたい、『チャンスをあげたい』と考えているのです。

そうです!!上記の彼は自分をアピールできる時にあえての逆ギレをしたわけです!!驚き!!

会社側の気持ち

この学生に言いたいのは、たとえ東大でも使えない奴は使えない!ということです。

それに、どんな大学出身でも、社員になって最初の1〜3年は会社が社員にかなり投資しておりマイナスなんですよ。

ですから頭だけではない!投資して良いと思える、自社に対してマジな人材が欲しいのです。

その為に、学生から見て魅力的な企業であることをどうアピールするか…

各社、限られた経費の中、徹底的に調査、議論を重ねた上で、本気で採用活動を行っています。

これでわかりますよね?彼ら採用担当も頑張ってきたので、本気で応えてくれる学生が来ないと響かないのです。

「気持ちの上での本気」ではなく、「行動で分かる本気」が欲しいんですよ。

学生のとんでも回答

上記以外にも似た様な話があります!一握りでしょうが、いろんな方がいますねww

■何か質問ありますか?
集団説明会終わって、ほぼ強制の質問会あったそうです。

明らかに見た目やる気なかった子が、社員に質問ない?って言われた時、

これ、選考に関係無いんだったら帰っていいすか?

社員は作り笑顔で、用事あったのごめんねとか言ってたけど内心は殺意で一杯だったでしょうね。

■学歴
一次グル面で、「旧帝あるいは早慶以外のレベルの大学の人達とは働きたくありません

って堂々と言った京大生(男)がいたそうです。

おまけに面接官が「私は東工大出身ですけど私とは働きたくないですかね?」って聞いたら

微妙です」とか答えてた。

当然ながら二次面接にそいついなかったそうです。

■なんとなく
面接官「弊社を選んだ理由についてお聞かせください」

受験者「何となく楽しそうに見えたからです」

・・・なんとなく?笑
なんじゃそりゃww

みなさん、いかがでしたか?
でもね、実際、ネットで話題になった会社はホクホクかもしれません。

なぜなら、誰かが調べ上げ、社名が広がるメリットがあるからですww

今回の件は、会社と言うより学生に批判が多い件ですし・・

SNSでバカにしたつもりが・・社名を広げてくれた、いい人になってる可能性も!?ww

マジ、ウケるww


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 「性の喜びおじさん」の死亡事件。犯人のガチ逮捕なるか…?