ジャニーズの家族商法ビジネスがガチで凄い・・・儲けは億単位??


息子の名前を使用してビジネスしたいジャニーズタレントの親と、それを阻止したいジャニーズ事務所

静かに水面下で戦いが繰り広げられていました。



スポンサーリンク

ジャニーズの家族商法ビジネスがガチで凄い

TKO・木下隆行の母親、ナインティナイン・矢部浩之の兄など、「◯◯の兄」と
堂々と芸能人の親がその肩書を使ってビジネスしているのを見かけます。

しかし、ジャニーズ事務所は「家族のジャニーズの息子を利用したビジネス」に関しては厳しく、事務所独自の調査やファンの“チクリ”によって、警告が行われるケースもあるようです。

「以前、ある人気グループのメンバーが番組でウチの店にやってきた際に、こっそりサインをもらったんです。

そのサインをしばらく経ってから店の中に飾ったところ、突然ジャニーズ関係者から展示を止めるように警告され、驚きました。どうやら店に来ていたファンが、事務所に匿名で密告したようです」

事務所からヘタに目をつけられると怖いですが・・・
ジャニーズの家族ビジネスは水面下で密かに行われています。

ジャニーズの家族商法の具体例

木村拓哉の母

SMAP・木村拓哉(42)の実母・方子(まさこ)さんは、
常にいろいろなビジネスを考えているようです。

例えば、、キムタクの父が脱サラして開店したイタリア料理店は「ラ・ボニータ」といって東京の世田谷区にあり、このお店の名前は 当時キムタクが飼っていた愛犬の名前から付けたそうです。

(愛犬は黒のラブラドールで、ドラマ「眠れる森」のスタッフからキムタクの誕生日の時にプレゼントされたそうです。)

世田谷のお店の他に神奈川県にも2号店を開店しました。
しかし、キムタクの父親が経営しているということで、
キムタクファンやマスコミの取材が殺到し、「ラ・ボニータ」が有名になりすぎる事態に。

その為、2005年に2店舗とも閉店をしてしまいました。キムタクの父親が体調を崩したことも一因と言われています。

「木村拓哉(43)の当時の愛犬の名前からとったイタリアンレストラン、こちらは開店当初からファンが殺到し、店舗を増やしたものの閉店しました。

ジャニーズに気遣ってか、キムタク家族の店を明言はしていませんでしたが、愛犬の名前で示唆するあたり小賢しいですね(笑)」(ジャニーズに詳しいライター)

また最近では、方子さんが開業に携わったという東京・品川区のラーメン店を紹介されてしまいましたね。
同店で提供される食材は、方子さんが推奨している“アートテン”なる技術を用いられて作られているという。

アートテンとは宇宙技術を駆使した最先端の農法で、野菜が美味しくなるデータをインプットしたICカードを、農場の四隅に埋めるという、かなり変わったもののようだ。

方子さんの活動に関しては、あくまでSMAPやキムタクの名前を使っているわけではありません

しかし、これまで飲食店経営セミナー出演宗教的とも言えるスピリチュアル化の噂アムウェイのトップディストリビューター(ランクが『エメラルドDD』にはなっていると言われており、もし本当なら年収1000万円辺りのクラス。)などの情報が飛び交っており、怪しい動きがみられます。

I女子がいなくなってピリピリしている時ですし、慎重に・・と言いたいですね。
キムタクの頭が痛いところでしょう。

キスマイ 玉森の実弟

玉森は実弟が立ち上げたブランドの宣伝をしていると女性週刊誌に報じられた。

玉森の実弟がファッションブランドを立ち上げ、玉森はそのブランドロゴが入ったTシャツを着てコンサートDVDのメイキング映像に映っていたり、スタッフやメンバーに配って宣伝したりしていた」

実弟のブランドは実店舗ではなくネット販売のみで、Tシャツ1枚が7000円を超える強気の設定なんですが、

「あっという間に完売状態に。玉森ファンが我こそは!と買い漁ったとみられています。今後、いろんな種類が増えて玉森がまたブランドを身に着けたら、宣伝を手伝う家族ビジネスとみなされるでしょう」

でも禁止されている副業ではないし、玉森が宣伝をしていたにしろ、親しい人に配っただけで、
販売促進していた訳ではない問題視する必要はないのでは?

「キスマイの担当だったSMAPのチーフマネージャーI女史がクビ同然で事務所を去って、今後の管理態勢に敏感になっている最中です。時期が悪いので事務所から注意勧告があるのではと心配されています」

SMAPの空中分解騒動とチーフマネージャーI女史の辞職後、
キスマイはラジオ番組で「仕事が減って暇」などと何気に危機感を訴えている渦中にあります。
玉森さんも大事な時期なので気をつけてもらいたいですね。

嵐 相葉雅紀の親

嵐・相葉雅紀(32)の実家が経営する千葉県の中華料理店・『チャイナハウス 桂花楼』(以下K)。
Kには嵐メンバーのサインは写真、また“嵐”の名前は出していませんが、メンバーのイメージカラーを連想させるようなオリジナルグッズを販売するなど、嵐への便乗ビジネスを行ってきたとされる。

ジャニーズ事務所はついに激怒。自分は関係ないから』というスタンスで知らんぷりを続けていた相葉さんですが、ジャニー社長は『それならユーが(店を)やりなよ』と、ついには嵐からの脱退を迫り直接警告をしたそうです。これには相葉さんや家族も相当驚いたようで、その後店舗からサインなどは撤去されてしまいました」

店には息子の写真があちこちに貼り、勝手にグッズを作って売る・・

「相葉の実家が営むKが、ネットショップ『LUSDIA WEB』で中華料理店とは全く関係ない女性向けのグッズを販売。相葉ファンが、我こそは!と購入したことからジャニーズ事務所内でも問題視され、一時期は相葉雅紀のクビの話まで出たことがあったと言われています。その後、厳しい指導があったのか、2013年にはネットショップは一時閉鎖することにありました」

現在、『LUSDIA WEB』は、オリジナル中華だれを販売するなど、中華料理店らしいサイトに生まれ変わっている。

SMAPの後継者として名前があがる嵐でも、クビの話が上がるなんて厳しいですね。

NEWS 小山慶一郎の母親

中華料理店といえば、NEWS・小山慶一郎の実家も神奈川県で『ラーメン龍太郎』という店を経営している。
そして小山の姉は、人気ブロガーの“みきママ”ではないかと噂されています。

「昨年、みきママが自身の母親の誕生日を“弟”の家で祝う様子をブログで紹介していたのですが、小山も同時期に自宅で母親の誕生日を祝っており、その様子が酷似していることから、ファンの間では2人が兄弟ではないかという憶測が飛び交っているんです」(週刊誌記者)

それだけではなく、弟の存在自体も匂わせているのです。

「個人ブログでも、小山の実姉の料理研究家が名前こそ出さないものの『弟の部屋』でのパーティー写真を載せたりみきママがブログで弟なる存在を登場させている。」

小山ファンなどが頻繁にみきママのブログにアクセスし、検証の糸がかりを探している。
これにより、アクセス数を稼ぎ出しているのかもしれない。

 KinKi Kidsの堂本剛の実姉

KinKi Kidsの堂本剛が実姉のブランドデザインを手伝っているのではないかというウワサも根強い。

『hifumiyo(ヒフミヨ)』というファッションブランドを立ち上げているのはKinKi Kids・堂本剛の姉と言われています。

1枚1万円以上の高価なTシャツなどを扱っているものの、堂本剛がこのTシャツをテレビの収録などで着用していることからファンの間で飛ぶように売れており億単位の売り上げがあるなんて噂もあります」(アパレル関係者)

さらに堂本の曲『にひ』の歌詞に『ひふみよ かぞえながら~』とあり、こちらも姉のブランド『ヒフミヨ』の宣伝になっているのではないかという、深読みした声もある。

ファンの探りはすごいですね。

Sexy Zoneの菊池風磨の父

「Sexy Zoneの菊池風磨の父親が息子の後姿とおぼしき写真をアップしたりとアクセス便乗と思われる行為が問題視されています」

いかがでしたか?

熱意が高いジャニーズファンは、ほんの少しのヒントを頼りに身内であることを探し出してくれるんですね。

事務所が目を光らせているので、ジャニーズタレントの家族側が積極的にタレントの家族であることを言えませんが、
言う必要がない

商売するなら少しでも利用した方が楽に利益がを得られますから利用しない手はないですが・・
事務所からヘタに目をつけられないことを願うばかりです。

関連記事

⇒ オスカーの枕営業を暴露!?芸能界にはびこる性接待の「鉄のルール」