JRの不祥事。またやらかす・・・今度は停車中にドアから放尿!

img_282fd8a08b04b293c7b2f90d0bc9510153237_1

不祥事続きのJR

またやらかしだそうで・・・

今度は停車中にドアから放尿?


スポンサーリンク



停車時にまさかの行動!

JRの運転士の不祥事が発生しました。

 

9月12日にJR千葉支社に勤務する50代の男性運転士が、

総武本線電車が佐倉駅に停車した時に

ホームと反対側にある運転席のドアを開け、

ズボンのチャックを下ろして線路に向けて

放尿していたことが明らかになりました。

 

同駅の外側にいた一般の人がその光景を目撃し、同支社に連絡。

同支社が翌日に事実確認の聞き取り調査を行ったところ

同男性運転士は事実を認めたそうです。

 

調べに対して男性運転士は

「千葉駅で連結作業があり、

(トイレに行き)遅延させてはいけないと思った」

 

と話し、また

「過去にも数回やった」

と今回が初めてではないことを話しているそうです。

同支社では14日から男性運転士を乗務から外す対応をとっています。

 

生理現象だから仕方ないけど、

線路に向かって用を足すのはなあ…。

 

この場合は、体調不良ということで

遅れたとしても客は納得してくれると思うのですが・・・


スポンサーリンク



運転中にあぐら

8月17日には、

JR東日本千葉支社に勤務する32歳の男性運転士が、

JR内房線から京葉線を直通運転する

君津発東京行きの通勤快速の電車の運転席で

複数回あぐらをかいている姿を乗客が目撃し、

同支社の調査で事実が明らかになっています。

 

男性運転士は調べに対し、

「土踏まずを蚊に刺されて足がかゆかった。

体調も悪く楽な姿勢を取ろうと思った」

と話し、事実と認めています。

 

運転士が一人しかいないのも問題かもしれません。

もし心臓発作で倒れて、

しかも緊急列車停止装置が壊れていたら大事故が起こる。

 

運転台に両足を上げて走行・・・

9月6日には鉄道ファンが沿線から

新幹線の写真を撮影していたところ、

東京発名古屋行きの掛川駅ー浜松駅間を走行していた

東海道新幹線「こだま653号(700系電車16両編成)」の

男性運転士(29)が、運転台に両足を上げた状態で運転しており、

その光景を鉄道ファンが写真におさめ、

ツイッターに投稿、事態が明るみになりました。

 

JR東海の調査に対し男性運転士は

「楽な体勢をしたかった」

「10秒ほど両足を上げてしまった」

と事実を認めています。

また過去にも複数回同じ行為をしていたことを話しています。

 

乗客を安全に目的地まで運ぶ運転士のまさかの行動…。

プロのする行為ではないですよね!

JRには再発防止に全力を尽くしてもらいたいものです!!


スポンサーリンク