自粛中のK-1開催で非難の声…中止決断のRIZIN社長「他人事と思えない」

国内ニュース


イベント自粛要請が出ている中で、さいたまスーパーアリーナでK-1が開催され非難の声が集まりました。一方で中止を決断したRIZINですが、社長は「他人事とは思えない」と述べ、政府に保障などのバックアップを強く求めました。

外出自粛中に開催されたK-1に非難の声

新型コロナウイルスの感染拡大によって大規模なイベントに自粛要請が出され、数々のイベントが中止となっていく中で、2020年03月22日にさいたまスーパーアリーナにて「K-1 WORLD GP」が開催されました。

「K-1 WORLD GP」にはおよそ6500人の観客が来場。

人と密接すること避けるため、国や県はイベント開催の自粛を求めてきましたが、自粛の声を振り切る形で今回の大会が決行されました。

埼玉県・大野元裕知事「法的にも止める権利もないので、ご協力をいただきたかったというふうに考えており、その点は残念です」

なお、主催者側は最大限の予防策と対応策を講じているため、大会を開催すると決めたそうです。


1 2 3