江戸時代の生物学最高峰の書物、カブトガニの絵だけ下手すぎるwww


国立国会図書館に飾られる歴史的書物、大和本草に描かれたカブトガニの絵が下手すぎると話題になっています。

他の生物はリアルに描かれているのにカブトガニだけ、、、



スポンサーリンク

カブトガニだけ下手すぎるwww

江戸時代1709年に儒学者・貝原益軒(かいばら えきけん)によって編集された、当時生物学・農学の最高峰の書物、「大和本草」。

色々な生物のスケッチが描かれており、現在は国立国会図書館デジタルコレクションで見ることができるのですが、カブトガニの絵だけ何かが違います。

その絵がコチラ

、、、

カブトガニだけ下手過ぎますよねwww

教科書の落書きのような絵には、むしろ愛くるしく思えてきます。

とんでもない教科書のイラストのお話はコチラ
教科書に恐怖イラスト掲載で1万冊回収へ。うわっ、まじかw


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

江戸時代の生物学最高峰の書物、カブトガニの絵だけ下手すぎるwww


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image