不振の鶴竜が休場を届け出た。4日目で3敗の原因は左足首負傷か…

鶴竜が休場

「なんとも言えない」そう話し、4日目までを振り返った大相撲の横綱鶴竜。その彼が本日、5月18日から休場することに…。

不振の理由はなんだったのでしょうか?



スポンサーリンク

横綱・鶴竜が休場

横綱の鶴竜が大相撲夏場所で、なんとも不調でした。

4日目が終わったところで、1勝3敗

鶴竜、休場

4日目までに3敗は、鶴竜自身のワースト記録なのです。

2敗した後には、支度部屋で下を向きながら

「(力が)しっかりと伝わってないね」

と声を絞り出して話していたそうです。

「横綱としての責任を土俵の上で果たすか?」

との問いには、

「そうですね」

そう1言だけ答え、会場を後にしたのでした。

その後1勝しましたが、その後にもう1敗…。

そして、4日目が終わった後には「何とも言えない」と話していましたが、5日目にあたる18日の朝、休場を届け出たのです。


スポンサーリンク

原因は左足首の怪我?

どうやら休場や不振の理由は、左足首を痛めていることにあったようで…。

鶴竜

相撲を取る人はその体重を支えるために、どうしても足首に負担がいってしまうのでしょう。

鶴竜自身、きっと休場するかどうか、すごい悩んだのではないでしょうか。

しかしこのままやっていても怪我が悪化する、思った通りの相撲を取れない事が嫌だったのかもしれないですね。

これで鶴竜の休場は、2場所ぶりの6度目となりました。

早く怪我を治し、また戻ってきてくれるといいですね。

関連記事

⇒ パンツが真っ赤に…女児が噴水で4日入院の大怪我を。水圧注意!

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。

鶴竜が休場

不振の鶴竜が休場を届け出た。4日目で3敗の原因は左足首負傷か…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!