亀田製菓、金属片混入公表せず。女の子がケガをする事故発生。

亀田製菓が煎餅に金属片が混入したことを公表しなかったことが大きな問題になっています。

公開されなかった理由を考えるとちょっと怖いですね、、、


スポンサーリンク

煎餅の亀田製菓、金属片混入を公表せず?

柿の種やハッピーターンでお馴染みの亀田製菓が、煎餅に金属片が混入していた事件を公表していなかったことがわかりました。

今回の件は4月3日に同社の「ソフトサラダ」を食べていた女の子の歯茎に針金状の金属片が刺さり、母親は同社の相談窓口に連絡したことによりわかりました。

混入した金属片は機械の戦場に使うブラシの一部で、年に一回の清掃の際に混入した恐れがあるとのことです。

その日のうちに社員が謝罪に訪れたものの、その時は公表はしませんでした。

至らなかった理由として被害は拡大しないと判断し、商品全体の回収や公表を見送ったとのことです。

しかし、事実を公表しなかったことに対して世間は黙っていませんでした。

金属片が混入した際の模範とも言える企業の事例はこちら
マルハニチロの缶詰に金属片混入も回収が神対応だった

ネットの声

被害者の女の子の父親は「小さい子が飲み込んだら大変だ。他にも混入の可能性があり、非公表の判断はおかしい」というコメントをしていたそうですが、今回の件を公表しなかった亀田製菓に対して同じような意見が多く寄せられました。

  • 最悪の対応ワロタ
  • 被害の報告が他になかったって、混入が判明したなら被害者が出る前に公表するのが普通だろ
  • だまってれば隠せると思ったのか…

亀田製菓は5月24日にお知らせという形で本件について公開しましたが


しっかりと安全の確証が取れていて、同じような被害者が出ないことを願いましょう。


スポンサーリンク
記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

亀田製菓、金属片混入公表せず。女の子がケガをする事故発生。


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!