陸上自衛官の上川普之を逮捕!上官の自宅を放火しようとした!!

陸上自衛官である上川普之(かみかわひろゆき)容疑者が放火未遂容疑で逮捕された。

放火未遂の相手は、自身の上官である。

どのような事件だったのだろうか。



スポンサーリンク



事件の詳細

まず、事件が起きたのは6月5日の午前2時だ。

事件が起きてからもう3ヶ月も経っているが、その間は逮捕までには至らなかった。

そして、9月1日に逮捕されることとなった。

 

上川普之容疑者は現在23歳。

上富良野町南町の陸上自衛官である。

そして放火未遂の被害を受けたのは、49歳の男性。

この方も上富良野町大町の陸上自衛官である。

2人は同じ舞台に所属していたようだ。

 

上川容疑者は玄関にある風除室に火をつけ、放火を図った。

放火未遂と言っても、火は実際についており、大きくなり始めたところで被害者の上官が気づき、119番通報して鎮火したという。

 

2人の関係はどんなだったのか

49歳の上官と23歳の自衛官という関係性であるが、自衛隊といえばかなり厳しい上下関係のもと、日々の業務に務めているというイメージがある。

この2人も厳しい上下関係のもと、厳しい指導が行われていたのだろうか。

 

上川容疑者は23歳であるが、もし彼が防衛大学校の出身であれば、防衛大学は4年制なので、陸上自衛官1年目ということになる。

1年目で厳しく指導され、それの逆恨みで放火未遂にいたったというのが、一般的な動機であろう。

 

ネットでの反応

この事件は、自衛隊同士で起こったということで話題になっている。

自衛隊には度を超えた理不尽な噂が絶えないので、ネットでも話題になったようだ。

コメントを紹介しておく。

「やっぱ自衛隊ってこえーな笑」

「たしかに毎日あんだけシバかれてたら放火もしたくなるわ」

「自衛隊、あそこは異常な空間だからな。」

やはり自衛隊の事件は有名になるようである。


スポンサーリンク