【拡散希望】「観光地で 生まれたての小鹿を見ても絶対に触らないで!」無知が招いた悲劇

観光地に足を運ぶと誰だってテンションが上がる。

美しい風景や美味しい食事は最高だし、

物珍しい動物を見かけると、

追いかけまわしたくなる気持ちもわからなくもない。

だがしかし……

生まれたての小鹿には絶対に触れてはならないそうだ



スポンサーリンク




日本三景のひとつ、広島県・宮島。

この時期、宮島に生息する鹿は出産のピークを迎えているのだが、

生まれたての小鹿に触れた場合、

その小鹿は最悪死んでしまうこともあるという

 

 

産まれたての小鹿に触れてしまうと、

人間の臭いがついて親が近寄らなくなってしまい、

死んでしまうことがある

 

知らなかったとはいえ、人間の身勝手さが引き起こした悲劇。

やりきれません。

 

その後の小鹿の行方はわからず、

無事に育ってくれることを祈るしかないとのことです。

ツイッターで広がる

「生まれたての小鹿に触れた場合、最悪 小鹿が死んでしまう」……。

そう知っている人はどれくらいいるだろうか?

お恥ずかしながら記者もその事実を知らなかったが、

とあるツイートが話題となっているのだ。

 

「宮島ではこの時期、小鹿が産まれてます。産まれたての小鹿はまだ親すら子供の匂いを覚えてません。お乳もすえません。ここで人間が鹿を触ってしまうと、親が子供を育てなくなり、せっかく産まれた命が死んでしまうのです。どうか、珍しいからと小鹿を追いかけたり触らないで下さい」

「外国のお客様もどうかお願いします。 たった今、半日もたってない小鹿が追いかけ回され、親とはぐれ、親が探し、ようやく巡り会ったのに、人の匂いがついてしまった為に、親が近寄らないのです」

この事実を広めよう!

観光客には外国の方も多いため、日本語ではわからない。

ならばと、英語や中国語、韓国語などで翻訳するなど

多くの方がこの事実を広めようと協力してくださっているようです。

 

 

鹿の習性には詳しくないが、ツイートによると親鹿は小鹿のニオイで「自分の子供」だと認識するらしい。

そのニオイを覚えるまでの間に人が触れてしまうと、

人間のニオイが小鹿に付着し、

親鹿が自分の子だと認識せずにお乳を与えないというのだ。

本当に可愛いが……

鹿に限らず、犬も猫も生まれたては本当に可愛い。

見かけたらついつい触りたくなる気持ちもよくわかる。

だがその行為によって、せっかく生まれてきた命が絶たれてしまったとしたら……。

どんなに可愛くても絶対に触れてはいけない

という気持ちになる人は多いことだろう。

 

ツイートは宮島の鹿についてだったが、

鹿が多く生息する観光地・奈良でも同様の問題を抱えているかもしれない。

観光地に出かけても、テンション任せに浮かれてはいけません。

 

こういったことは、鹿だけでなく他の野生動物にも見られることだそうです。

野生動物の赤ちゃんを見かけ、

それがどんなに可愛くてもむやみに触らないようにしましょう。


スポンサーリンク