火葬場のバイトであった衝撃的な体験。これはトラウマレベル…

dadas

火葬場でバイト中の衝撃的な体験談。

こんなのあったら怖すぎる・・・

トラウマで忘れられないのもうなずけます。


スポンサーリンク



始まりは・・・

火葬場の玄関を掃除してたら、

黒いSUV車が入ってきました。

 

その車から、

成金っぽいおじさんが降りてきて

「死体を焼いてくれ」

そう言ってきます。

 

普通は直接運んでくる前に

業者や親族から連絡があって、

届出人の保険証とか氏亡届書を持ってくるように

とか時間も指定してお願いしています。

 

だけどその人はもう斎場長にも話通ってるから

すぐに焼いてくれと高圧的に言ってきます。

 

斎場長に確認すると、

「焼いてやれ」

そう言うから、

すぐに準備して火葬炉を開けました。

 

死体は30歳ぐらいの男性で、

普段見る死体よりピンクっぽかったです。

焼く前に確認しますが外傷などもなく綺麗でした。

 

火葬炉の中から『ドカンドカン』

確認もすんだので、棺桶を閉め

炉に入れて焼き始めました。

 

unknown-2

 

20分ぐらいたったら、

炉の中からすごい音が・・・

 

『ドカンドカン』

扉を叩くような音・・・

 

その時には、

もう目の前が真っ暗になりました。

「もしかして生きてたんじゃ・・・」

 

でも、もう20分もたってたら

生きてたとしても、もう助けるのは無理。

そう思ってシカトしてしまった。

 

というよりも、手足がガタガタして

どうしようもなかったです。

 

炉から出てきたもの

通常は1時間ぐらいで全部灰になるけど、

怖くてプラス30分は動くこともできなくて。

 

例の成金のおじさんはこの時には

もういなくなっていました。

 

どうしても1人で開けるのが怖くて、

斎場長に立ち会ってくれるようにお願いします。

焼いてる途中で音がしたのも説明して。

 

結局、斎場長が火葬炉を開けたけど

その瞬間焼肉みたいな匂いが漂ってきました。

 

そして、トレイを引っ張り出したら・・・

 

その男はなぜか半生に焼けただれていて、

仰向けに入れたのにうつぶせに

なってるように見えました。

 

この瞬間、訳が分からなくなって

気が遠くなり倒れてしまいました。

 

冷静に考えてみると

倒れてから2度とその火葬場には

行っていないから詳しいことはわかりません。

 

でも、きっとあの男の人は

まだ生きてたんだと思います。

 

焼かれる熱さで、火葬炉の中で棺桶を

めちゃくちゃに壊しながら暴れたんじゃないかと。

それで中のバーナーが壊れて、体が完全に焼けずに

半生だったんじゃないかと思います。

 

もう関わりたくもないけど、

1度だけ斎場長が会いに来て

なぜか1000万くれたんです。

 

他言無用だとかそんなこと

一切言っていなかったけど、

多分そういうことだと思います。

 

今はそのお金で暮らせてるわけだけど、

トラウマになって今でも夢に出てくるし

しんどいです・・・。

 

ネットの反応

・まぁ、よくできてるけど嘘でしょ?

火葬するには火葬許可証いるし。

 

・1000万あったらもっと楽に

処分できるでしょ。

こんな面倒なことしないよ。

 

・20分経つ前に焼けてるんじゃないの?

 

などなど、信じていない声が多かったです。

しかし、中には信じている声も。

 

・嘘なの?

めちゃくちゃ怖くてびびったじゃん!!

やめてー!!!

 

・大変だったね。

でもバイトの立場じゃしょうがないよね。

 

・あー、民間の火葬場なら、あるかもね

あとはペットの火葬場とか

 

真相は書いた人にしかわかりません。

でも、本当にあったとしたら、

トラウマなんてレベルじゃないですよね。

 

火葬場の出来事もですし、

お金なんかじゃなく、自分ももしかしたら・・・

そう思ったら怖すぎです!

 

これがフィクションであること、祈ってます!


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 交通事故で下半身が切断された男性。残された5分で彼が望んだこと。

 

⇒ 【ドッキリ】殺人ピエロが怖すぎる!ガチで笑えないドッキリが話題にw