片山さつきのフォトギャラリーがとんでもないと噂に。政治家は顔が命!?まるで魔界みたいだった!

20120529082349f70

東京大学法学部出身、

片山さつき氏(57)の公式HPには、

決して立ち入ってはいけない領域『魔界』がある。

と噂になっている・・・

その恐るべき実態に迫ってみた。



スポンサーリンク



さつきギャラリー

 

katayamasatsuki_photo-1-338x600

片山さつきのウェブサイトの一部だが、これだけで

なんとも恐ろしいウェブサイトであることが一目で分かる。

政治家の片山さつき氏が

アイドル顔負けのポーズと衣装で写真を撮影する様子は

一体何を目指しているのかと問いただしたくなる。

日本のウェブサイトにこんな恐ろしい場所があったとは…。

まさに『魔界の入り口

 

問題のサイトは片山さつきオフィシャルサイト内にある

「さつきギャラリー」というページ。

 

こちらでは片山さつき氏のなんともお美しい写真の数々を拝見することができる。

政治家でわざわざ自身の素敵な写真が見られる

フォトギャラリーを設けているのは片山さつき氏ぐらいであろう。

 

一部紹介

▼可愛らしいポーズをとる片山さつき氏。一体誰にニーズがあるというのか…。

katayamasatsuki_photo-8

▼顔に極度に白い光を当てる技法は鈴木その子もびっくり。

katayamasatsuki_photo-7

▼おそらく片山さつき氏は聖子ちゃんになりたかったのだろう。東大在学中はミスコンにも出場した。

katayamasatsuki_photo-6

▼雰囲気だけはAKB48、ももクロといった有名アイドル。

katayamasatsuki_photo-11

▼髪の毛はばっちりとセットされていることが分かる。

katayamasatsuki_photo-10

▼さつきフォトギャラリーとは一体何なのか。この写真の数々は何のために…。

katayamasatsuki_photo-9

▼ギャラリーにはなぜかバナ◯マン日村の写真も掲載されていた。

katayamasatsuki_photo-12

 

さつきギャラリー、恐るべし。

よほど腕の良いカメラマンを雇い、フォトショップを駆使して制作したのだろう。

テレビで動画として見る片山さつき氏とは別人のように美しく映ってる。

 

 

話題になった選挙ポスター

 

katayamasachuki_betujin-3-600x449

片山さつき氏の選挙ポスターが実物と全然違う別人になっている

と、全国の日本国民がざわついている。

きっと理想を追求した結果、フォトショップでいじりすぎたのだろう…。

 

ライトを当てまくった撮影技法、不自然につるんとした肌。

明らかに実際の片山さつき氏とはかけ離れるように画像加工されていることが分かる。

ポスターの決めゼリフは「一番頼りになる!

 

・・・

 

少なくともフォトショップの使い方は一番頼りになる

 

 

▼このポスターは本人もお気に入りのようで、

現在、Twitterのプロフィール画像にも設定されている。

katayamasachuki_betujin-1-600x437

▼なお、修正なしの実物はこちら。

元妻として舛添要一氏の不適切な金銭問題について語った一幕だ。

masuzoe_katayama-3-600x338

masuzoe_katayama-4-600x338

masuzoe_katayama-5-600x338

▼ここで改めてポスター。やはり全然違う…。

katayamasachuki_betujin4

▼全然違う…。

katayamasachuki_betujin5-600x600

▼動画で見る片山さつき氏(自民党公式動画)

微調整を加えるならまだしも、

さすがに顔のシワを全て取り除くのはやりすぎだったと言わざるをえない。

いや、しかし、このほうが好印象が得られて票の獲得に繋がるのだろうか?

 

masuzoe_katayama-6-600x450

片山さつき氏はミス東大に輝いたこともあり、

ファッション誌などにも掲載されていた有名な美女だった。

不思議と髪型は今も変わらず。ずいぶんとモテたことだろう。

もしかしたら、過去の栄光を引きずっているのかもしれない。

 

片山さつきだけではなかった

▼猪瀬直樹氏のポスター。

やはり顔のシワが一切なくなっていて、「誰だこれ…」という印象。

katayamasachuki_betujin-1

▼ダンディな俳優のような甘利明氏。これも肌の加工をやり過ぎ。

katayamasachuki_betujin-2

 

政党からポスター製作を依頼された担当者は

ずいぶんと張り切って仕事をしたのだろう。

 

実は海外でも・・・

david_cameron_m

上の画像の2人の男性は別人のようだが、

どちらもイギリスの保守党党首デービッド・キャメロン氏の顔写真

右のものはエアブラシなどで修整をかけたもの。

 

タレントでもない政治家がなぜ写真加工を……と思うが、

政治家の容姿を良く見せるため写真を加工することは実は理にかなった戦略だった。

最新の大規模な調査により、有権者の判断は候補の容姿に影響されることが裏付けられた。

 

ヘルシンキ大学経済学部による研究では、

有権者は男女共に外見が良い候補者

「信頼できる」「知性的」「好感が持てる」「能力がある」

といった印象を抱く傾向が明らかになった。

 

調査ではフィンランドのさまざまな選挙の候補者1992人の写真を用意し、

1万0011人の被験者に候補者の容姿を評価してもらったのち、

政治家に必要とされるさまざまな資質(知性など)についても

写真から受ける印象で評価してもらった。

被験者の大部分(6303人)はフィンランド人でないため、

候補者の政治的信念や人柄などについては全く知らない。

 

その結果、容姿が魅力的と評価された候補ほど

「知性」「能力」「好感度」「信用性」なども高く評価されることが明らかになった。

 

被験者の一部は候補者に見覚えがあったかもしれないが、

同じ政策をかかげる同じ政党の候補者でも

外見が高く評価された人ほど政治家としての資質も高く評価されたため、

「知っている政治家」の場合でも容姿が印象に与える影響は変わらないとのこと。

 

論文の著者たちは

「外見に恵まれていることは政治の世界で有利に働くでしょうか?

容姿が良い人々は説得力が有り、社会的交流の中で良い扱いを受け、

仕事で成功しやすいとすれば、政治でも成功しやすいと言えるかもしれません」

と語っている。

 

一般的に容姿の優れた人々は「やり手」「成功者」という印象を持たれやすいとのこと。

もちろん実際の選挙では外見さえ良ければ誰でも当選するということははなく、

また見た目が悪い候補者が当選できないということはないが、

候補者の顔写真と簡単なプロフィールだけで判断するという有権者も少なくないと思われ、

ルックスの良さがプラスに働くことは間違いない

 

なお、容姿の良さとそのほかの要素の評価が比例するという結果は

男性候補・女性候補ともに当てはまるそうだ。

 

一票でも多く票を入れてもらうためには、

確かに写真の印象も大事だと思うので

加工する分にはいいと思うのだが、

何事も、『やりすぎはよくない』という事がよくわかる。

 

そんな写真にこだわる前に、

しっかりと働けと言われてもおかしくないだろう・・・


スポンサーリンク