ファンキー加藤とアンタ柴田の元妻のW不倫!妻を奪われて離婚したアンタ柴田がかわいそすぎる!お腹の中にはベイビーも・・・【二人ともクズすぎる】

KTT201606070444_0e7ffec800ae3938d9e4e1b66f8a3b45b909969d5826a21550f90ca57e8748656e6f9e5e4b4f5dffb1402bd5cb745c2fce5e5810f8b15683a1aa9a755f189632

元ファンキーモンキーベイビーズのボーカルで、

リーダーを務めていたファンキー加藤の不倫報道が話題になっています。

不倫相手はアンタッチャブル柴田の元妻というW不倫だったようです。



スポンサーリンク




元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤が

アンタッチャブルの柴田英嗣の元妻とのW不倫をしていたことが、

週刊女性で明らかになりました。

 

2013年に解散したファンキーモンキーベイビーズですが

そのマネージャーしていた女性と加藤はその年に結婚し、

昨年一人目の子供が生まれています。

 

一方アンタッチャブル柴田は、2005年に一般女性と入籍し、

現在は二人の子供を持つ父親でしたが、

実は昨年5月に密かに離婚していたようです。。。

 

その原因というのがこのファンキー加藤の不倫であり

それを柴田の元妻から打ち明けられて成立した離婚だったということです。

 

ファンキーモンキーベイビーズは

愛や友情などを重要視する歌詞が特徴でしたが

今回の不倫騒動で彼らの曲全てが嘘であるかのように

世間では厳しい意見が多数寄せられています。

 

かつてMr.Childrenの桜井が起こした女性騒動と

同じくらいの衝撃ではないでしょうか。

ちなみに二人の出会いは、

1年半前に行われたファンキー加藤の後輩の飲み会で、

その後、ライブツアーで同じホテルの部屋に泊まる仲になるほどだったそうです。

 

かつてアンタ柴田も女性関係でかなり騒動になりましたので、

同じことをされても強く言い返せない部分もあったのかもしれません。

何も表に出ずに離婚が成立していましたから、

お互いに腹を括っていたのでしょう。

 

今年はベッキーや狩野英孝を筆頭に

こういった男女の騒動が立て続けに起きていて、

ようやく治まったかと思いきやまたまた起きてしまいましたね!

 

狩野英孝はわりと当たり前感がありましたが、

ベッキーや乙武洋匡、桂文枝、そして石井竜也、

宮崎議員など思いもよらない人たちの報道に世間は騒然としました。

 

今回も、歌手のイメージがイメージなだけに

かなり大きな騒動になることでしょう。

 

調べも進んでいくうちに、新たな事実が

出てくるとは思います。
(アンタッチャブル柴田英嗣の元嫁の顔画像)
201606070

本音では「怒ったし、悲しんだよ」と明かしながらも、
「この件で関係のない俺の過去の不倫のこととかも一緒に出ちゃって、『それは置いておいてくれよ』と思ったよ」と笑わせた。
なお、自身の元妻と不倫関係になった加藤について、
友人関係であった為終始“加藤ちゃん”と親しげに呼びつづけた。

20160607-OHT1I50023-T

 

もうすでに子供が妊娠しているという時点でかなり黒い話で

ファンの方にはショックがでかいですね。

このニュースは芸能界でも話題になっています。

 

報道されている芸能人のコメント

 

マツコ・デラックス

「何でそんなにみんなやれるの。

こうなると、正しいことって何なんだとなる。びっくりした」

 

真矢ミキ

「柴田さんって前に不倫報道があったじゃないですか。

それもあって女性(元妻)の心には亀裂が入っていたんじゃないですかね」と持論を展開する場面もあった。

改めて「やっぱり不倫っていろんな形であるんだなあと」と驚きを伝えると、

「報道が本当であれば、元の奥様に引き取られたお子様たちは電車も乗れる歳で、

テレビもつけられる、中吊りを見たときにどんなショックを受けるのだろう」

 

ブラマヨ小杉

真栄田は「(男女関係の)リーグ戦ですか」

小杉は「まさに総当たり戦です」。

 

一方、ファンキー加藤の嫁からのコメントが男前過ぎると話題になっています。

 

ファンキー加藤の嫁

「しっかり謝ってこい」

 

加藤はフラッシュに耐えるように目を細め、

まず事実関係をすべて認めた。

そして「こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん、本当に辛い思いをさせてしまいました。

この場を借りてお詫びさせていただきます」と、頭を下げて謝罪した。

 

妻には昨年11月に打ち明けたが、

その際はショックを受け、困惑していたという。

 

そんな妻について、加藤は「本当の意味で納得してはいないと思います。

自分のことを、最後は受け入れてくれて、今、すごく支えてくれているんです。

一生をかけて、償っていこうと思っています」と、

申し訳ない思いを語り、「今日も、『しっかり謝ってこい』と言ってくれました」と、

謝罪会見に背中を押して送り出してくれたことを打ち明けた。


スポンサーリンク