健康長寿医療センターの医師、加藤智史が麻薬所持で逮捕。

東京都板橋区の健康長寿医療センターに医師として勤める加藤智史(かとうさとし)が麻薬所持容疑で逮捕された。

39歳の医師であるが、医師にもかかわらず麻薬所持での逮捕ということで話題になっている。



スポンサーリンク

加藤智史の麻薬所持の疑い

中野区東中野に住む非常勤医師の加藤智史39歳。

9月7日の午前10時、自宅のマンションで麻薬を所持しているところを確認した。

所持していた麻薬はケタミンという麻薬である。

ケタミンという麻薬はこのような形状をしている。

fdasf

麻薬の量であるが、0.36ミリグラム。

清原和博が所持していた量は0.4ミリグラムなので、それと同等の量を所持していたことになる。

 

麻薬所持を確認されたのは9月7日だが、逮捕されたのは9月18日である。


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

健康長寿医療センターの医師、加藤智史が麻薬所持で逮捕。


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image