川田亜子の自殺に鳥越俊太郎が関与?自殺2日前のやりとりが明らかに

国内ニュース 恐怖 芸能


美人アナウンサー・川田亜子が、自ら命を絶ってから早10年。

しかし彼女の自殺には不審な点がいくつもあり、今でも「他殺説」が囁かれています。

さらには、鳥越俊太郎が関係していたのではという情報も入手。

そこで調べてみたところ、自殺前の鳥越俊太郎と川田亜子の関係がヤバすぎでした…。

元TBS・川田亜子アナウンサー自殺の真相が闇深すぎ

2008年5月26日、元TBSアナウンサーであり、当時はフリーアナウンサーとして活躍していた川田亜子が、車の中で亡くなっているところを発見されました。

死因は、一酸化炭素中毒。

車内には練炭とコンロがあり、彼女は練炭を燃やして自殺を図ったと報じられました。

川田亜子と言えば、”アコちゃん”の愛称でお茶の間に親しまれた、人気アナウンサーでしたよね。

TBS入社半年後に、報道番組『いちばん!』のメインキャスターに抜擢されて以来、

  • 『がっちりマンデー!!』
  • 『爆笑問題のバク天!』
  • 『ネプ理科』

などと天真爛漫なキャラクターで、数々のバラエティ番組でも活躍していました。

そのため共演経験のある芸能人は多く、モデルの押切もえ蛯原友里と、旅にでかける番組なんかにも出演していたんですよ。

生前、もっとも仲が良かったのは、後輩アナウンサーの青木裕子らしいです。

@moeoshikiri)さんの投稿

なので彼女の悲報には、多くの人が嘆き悲しみました。

しかしこの川田亜子の自殺については、一部の報道番組で追悼が行われただけで、当時テレビ番組で大々的に報道されることはなく…。

「人気アナウンサーの突然の自殺」にも関わらず、テレビが報道しないっておかしいですよね。

何かテレビ的にタブーな真実があったのでしょうか?

そこで川田亜子アナウンサーの自殺の原因について深掘りしてみた結果、彼女の死に関係があると思われる、

”とある男性達”

が浮かび上がってきたのです…。

川田亜子の元カレ達?怪しい2人の男性

現在も多くの謎が残されている、元TBSアナウンサー・川田亜子の自殺。

当時ネットニュースや週刊誌では、生前彼女に深い関わりが合ったとされる、2人の男性が取り上げられていました。

①芸能界のドンこと敏腕プロデューサー

まず1人目は、川田亜子がTBSを退社後に所属した、大手芸能事務所「ケイダッシュ」の幹部を務める谷口元一氏。

谷口氏は芸能界では知らない者はいないほどの敏腕プロデューサーで、芸能界やマスコミに多大なる影響力を持っています。

つまり谷口元一氏は、自身の都合で、テレビ番組出演者のキャスティングや放送内容・演出を操作できるほどの力を持っているのですね。

そんな谷口氏と川田亜子アナウンサーは、元恋人同士であったと言われています。

②最後の彼氏である米平和活動家

そして2人目が、川田亜子の「最後の彼氏」と言われているアメリカ人の平和活動家、マット・テイラー氏。

マット氏は、NPO団体「GNDF(世界核兵器解体基金)」の代表を務める人物だそうです。

しかしマット氏の同団体は、2017年の時点で今まで一つも核を解体していないとか。

”詐欺師”といった声も上がるほど悪評高く、実は谷口元一氏とも度々トラブルを起こしています。(後ほど詳しく書きます)

そんな人が川田亜子の生前最後の彼氏だなんて、なんだか嫌な予感がしてしまいますね…。

川田亜子、自殺直前にブログで「私は悪魔になってしまった」


1 2 3