川田亜子の自殺に鳥越俊太郎が関与?自殺2日前のやりとりが明らかに

国内ニュース 恐怖 芸能


川田亜子は生前、公式ブログで日々の日常を綴っていました。

ブログは2005年頃から始め、それまで何の変哲も無い彼女のブログでしたが、読者が彼女の様子を心配するようになったのは、2008年5月7日から。

自殺する約20日前から、川田亜子のブログでの様子がおかしくなり始めたのです。

自殺の約20日前「口が回らない」

川田亜子は2008年5月7日、自身のブログで以下のように綴っていました。

「先週から口が回らなく、どうしたものかと悩んでおりました。普段から喋りがなめらかとは言えない私にとっても心配であり、不安が押し寄せてきます。特に心あたりもなく(中略)人生は無常ですね」

これだけ読むと「仕事で悩んでいるのかな?」という印象ですよね。

しかし「口が回らない」という表記には、少し違和感を覚えます。
なぜなら川田亜子は、当時アナウンサー歴6年目

人気もあったことから、アナウンサーとして、喋りは上手かったはずです。

そんな彼女が「口が回らない」というのは、仕事に支障をきたす状況であり、川田亜子がかなり不安を感じるのも無理はなかったでしょう。

そして翌日、川田亜子は

「いつもの私がまだ見つけられません」

とブログに綴っていました。

母の日に「私は悪魔になった」

2008年5月12日には川田亜子が驚きの書き込みをし、事態は深刻みを増していきます。

川田亜子はブログに、

「母の日に私は悪魔になってしまいました」

「産んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました。母の涙が 私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです」

と謎の書き込みをしたのです。

このブログ記事により、彼女の”中絶説”も囁かれるようになりましたが、真相は闇の中。

後日、この記事は削除されました。

川田亜子、精神の不安定がピークに

そして川田亜子の、不安定な精神状態が窺えた出来事がもう一つ。

それは、彼女は2008年5月14日に

「元気になるまで、皆さんとこうしてお話をするのを休憩させていただきます」

突然の「ブログ休止」宣言をしたのですが、同日、

「やっぱり 自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね」

再開。しかし同月21日には、

「言葉が・・・出てこないので、今日は書くのをやめようと思います」

またもや「ブログ休止」宣言をしていたことです。

これには閲覧していた川田亜子のファンからも、連日の彼女のおかしな様子に、心配するコメントが多数上がりました。

ですが事務所側が川田亜子に確認したところ、彼女自身は

「大丈夫」

と話していたそうです。

ブログでは不安を綴っていましたが、仕事は通常通りこなしていたようなので、それ以上事務所側が関与するようなこともなかったみたいですね。

川田亜子の自殺直前 最後のブログがヤバい

川田亜子は2008年5月22日に、生前最後となるブログを更新しました。

「仕事の合間 一番苦痛であります。昔は本を読んだりお茶をしたり、ぽーとしたり。楽しかったのに…今はせつないです。豪華なホテルのロビーで優雅に幸せそうにしている方々を眺めてながら、移りゆく景色に胸がきゅーとしめつけられます」

それは「仕事の合間が一番苦痛だ」という内容。

となると川田亜子は、仕事上ではなく、プライベートでなんらかの悩みを抱えていたのが窺えますね。

実は、それを裏付けるかのように彼女の死後、谷口元一氏とマット・テイラー氏のトラブルが浮き彫りになっていきます…。

川田亜子の自殺原因は?元カレ同士が金銭トラブルか


1 2 3