ほとんど毛がない状態で保護された犬。本来の姿は信じられないものだった…

海外ニュース


最近、動物の虐待が増えています。
ひどい状態の子が後を断ちません。
ブルガリアでこんな野良犬が保護されたのを知っていますか?


ほとんど毛がない状態で保護された犬

ブルガリアには、
動物保護活動をしている団体
『Rudozem Street Dog Rescue(RSDR)』
というものがあります。

ある朝、彼らの元に

「野良犬を助けてほしい」

という通報が入りました。

その場所はRSDRの拠点から
70キロも離れた場所。
依頼を受けたスタッフは、
すぐに野良犬の保護に向かいます。

そしてスタッフたちは
ようやく現場へと到着。

そこで発見されたのは、
ほとんど毛がなくなり、
酷く痩せ細った犬だでした。
225905-1
その犬は皮膚病を患っており、
体中には無数のノミやダニが
寄生していました。


1 2 3 4