ほとんど毛がない状態で保護された犬。本来の姿は信じられないものだった…

225905_ic

最近、動物の虐待が増えています。
ひどい状態の子が後を断ちません。
ブルガリアでこんな野良犬が保護されたのを知っていますか?



スポンサーリンク

ほとんど毛がない状態で保護された犬

ブルガリアには、
動物保護活動をしている団体
『Rudozem Street Dog Rescue(RSDR)』
というものがあります。

ある朝、彼らの元に

「野良犬を助けてほしい」

という通報が入りました。

その場所はRSDRの拠点から
70キロも離れた場所。
依頼を受けたスタッフは、
すぐに野良犬の保護に向かいます。

そしてスタッフたちは
ようやく現場へと到着。

そこで発見されたのは、
ほとんど毛がなくなり、
酷く痩せ細った犬だでした。
225905-1
その犬は皮膚病を患っており、
体中には無数のノミやダニが
寄生していました。

さらには前脚の変形と
耳の裂傷も見られたのです。
225905-3
犬が初めてスタッフを見たとき、
とても警戒していたそうです。
そのときの犬の態度と目を見ると、
人に傷つけられた過去があることは
明らかでした。

しかしその犬は、まだ人間への愛情を
完全には失っていなかったのです。
スタッフが優しく声をかけ続けると、
少しずつ近寄ってきてくれました。

こうしてRSDRは無事に犬を保護することがでたのです。

治療とケアを開始

その犬は、『カリーシ』と名付けられ、
保護してすぐに病院へと運ばれました。

検査の結果、カリーシは
ひどい貧血を起こしていることが判明。
おそらく、体中に寄生していた
ノミやダニの影響でしょう。

また、変形した前脚には
ギプスが巻かれました。
225905-4
幸いにも、カリーシは食欲があったため、
栄養のあるご飯をたくさん食べて、
体調は順調に回復していったのです。

しばらくすると耳の裂傷や皮膚の状態も
良くなり、ほぼ無毛だった体にも少しずつ
毛が生え始めてきました。

そうして、
本来の姿を取り戻したカリーシ。
225905-5
それは保護当時には想像もできないほど、
立派な犬へと変わったのです。


スポンサーリンク

立派になった現在のカリーシ

そして、現在の姿がこちら↓
225905-6
しっかりとした体つきに、
ふさふさで綺麗な毛並み。
これこそが、
本来のカリーシの姿だったのです。

また、カリーシはカラカハン・ドッグ
という系統の犬でした。
彼女の本来の姿がこんな立派だったとは、
保護したときには
誰も思っていなかったことでしょう。

なぜカリーシが野良犬になったのか。
それは分かっていません。

しかし、あんなにひどい状態に耐え、
生きていてくれたことは奇跡としか
言いようがありません。

現在、カリーシは
幸せに暮らしていると言います。
今まで辛い経験をしてきた分、
これからは幸せ溢れる日々が
続いてくれることを祈りたいですね。

他にもあった悲惨な姿の動物

・ぼろきれの山にしか見えない悲惨な状態な9匹の犬
cached

本来の姿は↓
cached-1

・飼い主の病状が末期状態となり入院したため、納屋に取り残された犬
uploaded

本来の姿は↓
uploaded-1

・ゴミの山と間違えられる犬
cached-2

本来の姿は↓
cached-3

・毛が伸び放題、ハエやブヨが集るような状態の犬
cached-4

本来の姿は↓
cached-5

・飼い主が亡くなってから路上生活していた犬
cached-6

本来の姿は↓
cached-7

他にもこのように
酷い姿で保護される動物は多いです。
保護する団体は増えていますが、それでは
この現状は改善されないでしょう。
飼い主の人が責任を持って、
最後まで面倒を見てほしいですね。


スポンサーリンク

関連記事

【動物虐待】洗濯機に犬をブチ込んでツイッターに投稿。非難殺到・・・