吉瀬美智子は昔ヤンキーですっぴんがヤバイ?旦那は年商30億の実業家

未分類 芸能


モデルとして順調だった吉瀬美智子は、2007年に事務所をブラァバから現在のフラームへ移籍。この際フラームから、今後一切モデルとして活動を行わないという条件が出たそうです。

30代になって、このままモデルでいることに限界を感じたという吉瀬美智子。

事務所移籍をきっかけに、女優一本で活動をはじめました。

@michikokichise)さんの投稿

その後、『LIAR GAME』や『ブラッディ・マンデイ』、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』などの人気作に出演しました。

女優というと、10代や20代の頃から人気のある人が多く、吉瀬美智子のように30歳を過ぎてから本格的に活動を開始し、成功できる人って珍しいですよね。

吉瀬美智子のすっぴんがヒドい!?

吉瀬美智子がファンを驚かせたのは、ヤンキー時代だけではありません。

2010年放送のドラマ『ハガネの女』ではすっぴんを披露し、「思っていたよりヒドい……」と話題となりました。

こちらが吉瀬美智子のすっぴん画像です。

吉瀬美智子の面影はありますが、所帯感がにじみでています。

このすっぴんを見て「ヒドい」と言っている人もいれば、「キレい」と言っている人もいて、見る人によって受ける印象は両極端のようでした。

メイクしている時のほうが確かに美しいものの、すっぴんでも肌はとてもキレイですし、そこまでひどくないかもしれないですね。

昔ヤンキー&すっぴんが話題の吉瀬美智子の旦那とは?


1 2 3