菊間千乃元アナが生放送で転落事故後、弁護士に転身した理由

菊間千乃元アナの伝説の転落事故の後…弁護士に転身した理由はフジテレビのありえない仕打ちにあったと暴露!

これはありえない・・・


スポンサーリンク

菊間千乃元アナの伝説の転落事故

1998年9月2日、生放送で起きてはいけない事故が発生しました。
まずは動画の方を御覧ください。

当時、めざましテレビでアナウンサーを勤めていた菊間千乃さんが安全装置を使用しビルから飛び降りその製品のリポートをしようとしたものだったのですが製品の関係者の方に、「これでもう大丈夫です」と言われいざ飛び降りました。

しかし、装置は作動することなく、安全マットへと叩きつけられてしまいます。

その直後、体を強打した菊間元アナは起き上がることもできず、蓋を空けてみれば腰椎圧迫骨折で全治三ヶ月の重症を負い、リハビリも含めて完全回復まで1年かかったそうです。

当時の事故について菊間元アナが語る。



スポンサーリンク

アナウンサーも会社の1つの駒

2016年6月に大阪市内で開催されたWOMAN EXPOのトークショーにて菊間元アナはこのように語っています。

「ICUで10日間の治療を終え、テレビを見ると、自分の出ていた番組にもう他のアナウンサーが出ていた。自分にしかできない仕事だと思っていたが、(アナウンサーも会社にとっては)1つの駒なんだと思った」

体を張ってまで勤めていた役職に自分が使えなくなったらすぐに次の担当が既に抜擢されていたらそれはショックですよね。しかし、空いてしまった穴も早急に埋めなければいけないのも当然のことです。

また、この出来事がきっかけになり「仕事のために人生をすり減らすのがばからしくなった。今は1日1日、悔いなく生きなくちゃと思っている」と人生の分岐点になったことも語っています。

菊間千乃元アナの現在は弁護士に転身

テレビ局への入社当初から女子アナの寿命は35才までと聞かされていた菊間元アナは司法試験に合格し、自分に付加価値をつけた上で40才すぎからは報道記者として活動していく計画も立てていたそうですが、

2005年には大宮法科大学院大学に入学し2007年には司法試験に集中するためにテレビ局を退社。2010年には司法試験に合格し、その後は弁護士に転身をしています。

また、トークショーの来場者には「10年後になりたい自分を具体的に考えて」と熱いメッセージを送ったそうです。

ネットでの反応

・外れちゃったのかなぁ〜〜♪ じゃねぇよww

・アナウンサーに実験させるとかおかしいだろ

・ただやっぱ勉強は出来るんだな 、頭いいって羨ましいわ


スポンサーリンク

関連記事

⇒ ミヤネ屋で放送事故。川田裕美アナが紙で必死に隠したモノが話題に

菊間千乃元アナが生放送で転落事故後、弁護士に転身した理由


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!