木村拓哉・工藤静香への批判。愛車のヤンキー仕様車にまで・・・

SMAP解散後、裏切り者と言われる木村拓哉さんとその妻工藤静香さん。

この二人に対する批判の声は止まらず、とうとう愛車にまで悲惨な言われように…



スポンサーリンク

すっかり嫌われ者になってしまった木村拓哉・工藤静香夫婦

2016年11月下旬に発売された「週刊文春」(文藝春秋)に、「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」ランキングが掲載されました。

そこには木村拓哉・工藤静香夫妻が「嫌いな夫婦」の1位に選ばれ、ネット上では

「当然でしょ」

「厳密にいえば、嫌いな嫁、だけど」

などと、ランキングの結果に対して肯定的な声ばかりが目立っています。

更に木村さんにはかつて、通称“かおりん”という、ファン公認の元カノがいただけに、

「かおりんと結婚してれば、SMAP解散はなかったかも」

「少なくとも、かおりんだったら、SMAPのことに口出ししなかったのでは?」

と指摘する声も飛び交っています。

工藤静香のインスタで大暴走

2000年に結婚した木村拓哉、工藤静香夫婦も昨年で16周年を迎えました。

しかし、SMAP独立・解散騒動の中で”裏切り者”のレッテルを貼られてしまった木村さんはすっかりイメージダウンをしてしまいました。

そんな夫を目の当たりにして、黙っていられなかった妻・工藤静香さん。
昨年9月には雑誌の取材に木村さんが”裏切り者扱い”されていることに猛反論をしています。

大晦日をもってSMAPは解散し、ファンによる原因追及の手はいまだに衰えず、その矛先の多くが工藤静香さんに向いていることは本人も重々承知のことだと思います。

しかしそんな中、1月7日に工藤静香さんはインスタグラムを開設、公開をしました。

芸能記者からもインスタ解説にあたり疑問の声が上がっていました。

「アカウントの説明欄には『ファンクラブ用』の文字が。

しかし、ファンクラブ会員でなくても承認されるうえ、
工藤は以前からファンクラブサイトでブログをやっており、
『なぜ、わざわざ承認制のインスタを始めたのか・・・?』と疑問が残る。

たま、夫の木村拓哉が結構話をタブーにしているのにもかかわらず、静香が家庭の匂いを自ら発することに、木村ファンは憤りを感じている。

木村は好感度がダダ下がりの中、この時期にファンの心理を逆なでするような
インスタグラムを始めなくても・・・」

アンチ工藤静香の方々が殺到することは、
火を見るよりも明らかだったと思いますがそんなことお構いなしの投稿が続いています。

インスタグラムには料理や愛犬、絵画やアクセサリーなど公私にわたる画像をアップしており、週刊文春で《良妻賢母アピールのはずが…インスタ大炎上》と記事にされていました。

最近では『週刊女性』で木村拓哉、工藤静香がインターナショナルスクールに通う娘を
車で迎えにいくシーンを報じられるシーンにすらブーイングの声が上がっています。


スポンサーリンク

今じゃ田舎でも見ないヤンキー仕様車

『週刊女性』で報じられた都内のインターナショナルスクールに通う娘を車で迎えにいくシーンは
木村拓哉が左ハンドルの車を運転し、工藤静香が助手席に座っているという写真が公開されています。

ルームミラーにネックレスのようなアクセサリーがいくつも、ジャラジャラとぶら下げています。

車内をチンチラ張りにしたり、LEDの発光物体をやたらとつけるのがヤンキー車のインテリアの特徴ですが、ルームミラーにシュシュやストーンアクセをぶら下げるのも“族仕様”のひとつとされています。

流行したのは90年代後半から00年代初頭にかけてのことで、流行遅れのドレスアップゆえ、都内で見かけることはまずありません。

女性誌記者は

「今となっては田舎でもあまり見ませんよ。

窓の部分しか写っていないので断定はできませんが、車は木村拓哉のものだと思われます。
ただ、アクセのセンスは工藤静香によるものではないでしょうか。

『古くて田舎臭い』のはいかにも彼女らしいですね」

と締めくくりました。

ネットの反応

・びっくりした 、ダサすぎw

・さすがに車の趣味くらい好きにさせろよ

・微笑ましいやんけ

・難癖すぎ

 

木村さんのイメージダウンから工藤さんへの批判が続いていますが、
ネットでは「さすがに車のアクセサリーくらいは…」と憐れむ声が多くあがっていました。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 木村拓哉がかおりんと結婚していれば…元カノかおりんの現在が話題に

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

木村拓哉・工藤静香への批判。愛車のヤンキー仕様車にまで・・・


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!