キム・ヨナの現在。整形?で浅田真央よりかわいいと話題に。(画像あり)

82568c0a

韓国の星 キム・ヨナ(25)、

目鼻立ちクッキリで「真央より美人」と話題へ



スポンサーリンク



真央より美人と話題へ

2018年平昌(ピョンチャン)オリンピックの広報大使を務める

キム・ヨナ(25)がスター&ファッション誌「InStyle」グラビアで

その美貌を誇り、「ますますキレイになった」と話題だ。

 

キム・ヨナはグラビア撮影と共におこなわれたインタビューで、

彼女ならではのビューティーノウハウを公開した。

 

キム・ヨナは

「最近は携帯電話をたくさん見るために首や腰が曲がりやすいが、

正しい姿勢を維持することが何より重要だ」とアドバイスを送った。

 

スタイル管理の秘訣に関しては

「自宅でストレッチをするくらいだ。

体を動かしていた人間は何もしないとすぐに固まってしまう。

 

別途、スポーツを習うことはしていない。

運動は十分にしてきたから」と笑った。

 

キム・ヨナの詳細インタビューとグラビアは

「InStyle」8月号の公式ホームページで確認できる。

女優並に美人になったキムヨナ

no title

いかにもアジア人な2年前のキム

 

no title

 

以前と別人に見えるのは私だけではないようですね。

今の顔のほうが良いと評価する人の方が多数派ですが、

韓国というお国柄から美容整形をしたと考える人が多いようですね。

 

確かにここまで変われば、

メイクや髪型+αのちからが働いているんじゃないかと思わざるを得ません。

 

キム・ヨナさんは引退後整形で顔を変えてしまったんでしょうか?


スポンサーリンク



整形疑惑

・整形前

記事番号:227/アイテムID:5249の画像

 

・整形後

記事番号:227/アイテムID:67981の画像

 

整形成功しすぎてて、

もはやキム・ヨナと認識できないお顔になってた・・・

 

現役時代と大きく違うのは

何と言ってもぱっちり二重になった「目」ですよね。

 

今までのキム・ヨナは性格の悪さが滲み出てるような顔してたのに、

今の顔は好感もうてるような可愛い顔になってますね!

 

キム・ヨナのプロフィール

大韓民国の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。

2014年ソチオリンピック銀メダリスト。

2009年、2013年世界選手権優勝。
4935_560

1990年9月5日、富川市で生まれる。

家族は両親と3歳上の姉。

 

軍浦市に移り、地元の道蔵中学校、修理(スリ)高校を経て、

2009年3月より高麗大学校に在籍。

2010年4月に設立された母親パク・ミヒが代表取締役を務める

マネジメント会社「オール・ザッツ・スポーツ(AT SPORTS)」に所属。

カトリック教徒で、ステラという洗礼名を持つ

 

母国では

「国民の妹」、「フィギュア・クイーン」、

「フィギュアの妖精」と呼ばれている。

 

キム・ヨナの活躍により韓国では

フィギュアスケートがブームとなった。

韓国のフィギュア選手登録者は、

2006年の237人から2009年には348人に増えた。

 

5歳でスケートを始めた。

7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、

本格的にスケートを始めた。

 

決して裕福とはいえない家庭であったが、

両親は費用を惜しまず金をアメリカなどにスケート留学させた。

 

母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、

一日16時間練習に付き添った。

2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝

 

2010年バンクーバーオリンピックでは、

SP・FSともにISUジャッジングシステムでの

歴代最高得点を更新して金メダルを獲得した。

 

2014年2月20日ソチオリンピック女子シングル、

SPでは1位になるも、

FSでアデリナ・ソトニコワに逆転されて銀メダルとなり、

史上3人目となるオリンピック連覇は達成できなかった。

 

キム自身は「すっきりした気持ちが一番大きかった。

引退前の最後の競技をミスせずに終えたことに満足している」

と語り改めて引退を表明し、

翌日のエキシビジョンでジョン・レノンのイマジンでの演技をもって

競技生活を終えた


スポンサーリンク