金メダルの値段はいくらなのか?驚愕の値段だと話題に・・・

お役立ち


 

銅メダルの5ドルという破格の値段と比較すると、

銀メダルや金メダルの作成には

ある程度の費用が必要とされることが分かります。

 

銀メダルは銅メダルの約70倍

金メダルは140倍の値段となりますね。

 

2012年時点でのオリンピックの種目数は302なので

金メダルの製造だけでも

およそ21万ドルの費用が必要となることが分かります。

 

実は1916年のベルリン・オリンピック以降では、

金メダルは銀メダルに金メッキを施したものが

使用されているようです。

メダル獲得報奨金

日本オリンピック委員会(JOC)によると、

リオデジャネイロオリンピックの

メダル獲得報奨金は以下のとおり。

 


1 2 3