近親相姦で存続していたファゲイト一族に衝撃の事実発覚…

海外ニュース


近親相姦で存続していたファゲイト一族に世界が震撼。
襲撃的な事実が発覚しました。


近親相姦により存続していたファゲイト一族

ファゲイト一族が住んでいたのはアメリカ東部にあるアパラチア山脈周辺。
地理的にも文化的にも隔離されており、独自の生活様式や文化が維持されていた地域です。

一族の始まりは、青い肌を持ったフランス人孤児、マーティン・ファゲイトが、1820年に東ケンタッキー州のトラブルサム・クリークという場所に住み始め、エリザベス・スミスという女性と出会い、子どもを設けた時から始まったと伝えられています。

皮膚が青い原因

前例がないため、何人もの研究者が挑みました。これを明らかにしたのは血液学者であるマディソン・カウェイン氏やアヤレウ・テフェリー氏。


1 2 3 4