桐谷健太が情熱大陸で明かした絶望の過去…辛い絶望時代が明らかに

3月5日に放送された情熱大陸の中で、CMで大人気の浦ちゃんを演じる、俳優・桐谷健太の密着が放送されました。

その中で彼の意外な過去と新たな姿が見れたのです。



スポンサーリンク

今話題の大人気の俳優・桐谷健太

桐谷健太さんと言えば、有名なドラマや映画に出演する大人気の俳優さんですが、最近話題になっているのは、やはりauのCMで演じている『浦ちゃん』こと浦島太郎ですね。



こちらのCMはかなり話題になりましたよね。

その中でも、桐谷健太が演じる「浦島太郎」が「海の声」を歌うauのCMソングが大人気となり、総配信数が100万ダウンロードも越え、さらに2016年の紅白歌合戦に出演されました。



ちなみに桐谷さんが歌う「海の声」はコチラ。

YouTube動画

桐谷健太さんの経歴

桐谷さんは、1980年2月4日生まれの大阪出身。役者を目指し始めたのは、高校3年生の時だったそうです。

大学は駒澤大学に行き、在学中に俳優養成所の「アクターズクリニック」に通っています。

デビューのきっかけは2002年、「九龍(クーロン)で会いましょう」というドラマ。

さらに2003年には、映画「ゲロッパ」でスクリーンデビューを果たしました。



その後、冒頭で触れたauのCMイメージキャラクターの「浦島太郎」を2015年からつとめ、「海の声」をデジタル配信でリリースしています。

また、プライベートの方では、2014年に一般人の女性と結婚されています。


スポンサーリンク

情熱大陸で桐谷さんに密着

そんな桐谷さんが、今回情熱大陸に出演し、紅白歌合戦や日本レコード大賞受賞の舞台裏、auのCM撮影当日に迎えた37歳の誕生日の様子、ドイツ・ベルリン国際映画祭に出席する様子が捉えられました。



取材の密着機関は4カ月間。普段のイメージ通り、現場スタッフに対して常に笑顔で接し、街中のファンの人への対応もとても気さくで親切。

共演者の菜々緒さんも「今まで会った関西人の中で一番穏やかな関西人」と、桐谷さんに対する印象を話しています。

そんな彼も、

「ドキュメンタリーといえども、カメラの前では構えてしまう。」

とのこと。

いつも面白く明るい桐谷さんですが、やはりカメラがないところではまた違う一面を持っているのでしょうか。

さらに、演技への心構えを聞かれると、

「自分以上のことはできない。だから常に自分を越えていく。

5年前だったらこの役はできなかっただろうなっていう役が、スッと入ってできたりする喜び、そこがおもしろい」

と答える桐谷さん。

さらに、ドラマの撮影現場の密着シーンがあり、1月下旬の寒い時期に、土を素手で彫る、夜の川を渡る、そんな場面の撮影現場で、

「どっかで燃えるわみたいな、楽しいわみたいなのはありますよね」

「だからちょっと変態なんでしょうね。変態入ってないと出来ないですよね」

と桐谷さんは言います。

桐谷さんの今があるのは、過去にどん底の孤独を味わったことがあるからでしょう。

ここまで人気になっても自分を見失わず、ドラマや映画、CM、モデル、歌と全てに全力でやっているんだろうなと感じます。

今後の桐谷さんの更なる活躍が楽しみですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 市原隼人さんの完全にハゲてしまった現在…(衝撃画像あり)