【置き去り男児】「奇跡の生還」を生んだ田野岡大和くんの驚愕エピソード

ea727c5f-s

置き去り事件で奇跡の生還を果たした田野岡大和くん。

奇跡の生還劇はどうして可能だったのか?

海外メディアも注目するサバイバル生活が明らかになってきました。



スポンサーリンク



奇跡の生還を生んだ大和くん体力と知力

奥深い山中をさまよった後、

陸上自衛隊の宿営施設で寒さと空腹に耐えられたのは、

大和君の強い精神力と、いくつかの偶然が重なった結果だった。

 

北海道七飯町の山中で“しつけ”のため置き去りにされ行方不明になっていた

小学2年生の田野岡大和くん(7)が、

3日午前に無事保護されたことは本紙昨報通り。

 

置き去り現場から北東に直線距離で5~6キロ離れた地点にある鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場の廠舎(しょうしゃ)に大和くんはいた。

驚異の生命力に称賛が上がる一方で、

子供に簡単に“突破”された自衛隊施設に不安の声も出ている。

舞台裏に迫った。
tanookayamato-hakken-hokkaido-komagatake-1

tanookayamato-spec-densetsu-1

大和くんを知る保護者は「卓球で145回もラリーが続いて表彰されたこともあり、ずぬけた持久力がある。

ダンスや野球、サッカーも得意で体力があり余っている感じ。

また、できる子の答案の名前だけ消して自分の名前を書いて提出しちゃうような“ちゃっかり屋”だけど、

思わぬ方法で高得点を取る発想力もある」と指摘。

わんぱく少年ならではの体力と知恵が生存の大きなカギとなったのかもしれない。

演習場は不定期の訓練や月に1回程度の点検で隊員が訪れるだけで、

2~3か月の間誰も来ないこともあるという。

行方不明になってから2日後には、

5分ほどの点検で隊員が廠舎内に入っていたが異変に気が付かなかった。

短期間に隊員が再び廠舎を訪れ発見されたのは奇跡的ともいえる。

tanookayamato-hakken-hokkaido-komagatake-4

一方で子供に簡単に“侵入”を許した自衛隊施設に不安の声も上がるが、

前出の神家氏は「富士山の裾野にある東富士演習場などは敷地内に県道が走っていて登山道にもなっている。

また山菜採りの市民などが入ってくることもあるので、

実弾訓練を行う時などに市民が入って来てけがをしないように、

むしろ訓練の時には見張りをして管理を徹底している」という。

演習場の敷地の境界付近までは捜索範囲だったが、

敷地内で保護されるとはまさに灯台下暗し。

大人が右往左往捜し回る中、

的確な状況判断で無事でいてくれた大和くんの生命力に感服するばかりだ。

大和君が歩いた距離を大人が歩くと・・・

大和君が置き去りにされた場所から、小屋まで道沿いに約10キロ。

大人の足でも約2時間半かかり、着いたころにはぐったりと消耗した。

no title

陸自駒ケ岳演習場内の小屋の内部。

大和君はこのマットレスに挟まって寝て、寒さをしのいだ

「普通、人は行かない」

大和君は、道道大沼公園鹿部線から

未舗装の町道を西に約2キロ入った同管内七飯町の三差路で行方不明になった。

そこから演習場方向へは緩やかな上り坂が続き、約5分行くと鉄製のゲートがあり、車両を遮る。

地元住民が「たまに工事車両だけが通る。普通、人は行かない」と話す道だ。

道幅約3メートル。風景に変化が乏しく、方向感覚を失いそうだ。

両側の樹木は濃く、脇へそれるのは困難だ。

道が二手に分かれる箇所があり、大和君はどちらへ進んだか分からないが、

二股の南側のルートは草が生い茂っているため、北側のルートを進む。

出発から1時間後、標高約300メートルの開けた丘に出た。

道が三つに分かれ、東へ行く1本は演習場へ、残り2本は駒ケ岳噴火口に続く。

演習場の方向には噴火湾や鹿部の町が見える。

周囲の木々は低く、しゃがんでみると

身長120センチの大和君の目線でも枝葉の間から町が見える高さだ。

大和君が歩いたのは5月28日の日没後とされる。

捜索隊に加わった陸自の隊員(52)が

「まちの明かりを見て進んだのかも」と話したことが頭をよぎる。

no title

中は真っ暗で演習場までは下り坂。

約20分で丁字路に当たり、草の繁茂が少なく歩きやすい

左側に進むと幅約30センチの鉄板を横に渡したゲートがある。

地面からゲート下端まで約80センチ。かがめば通り抜けられる。

演習場に入り、緩い下り坂をひたすら歩くと小屋に着く。

高さ2メートル、幅1メートルの木製の扉が見え、引くとすっと開いた。

扉の外には約2メートル離れて水道の流し台があった。

小屋の中は湿気のこもった臭い。

窓が両側に計16個あるが、樹木に遮られて明かりは見えず、

真っ暗な中でJRの列車の音だけが聞こえた。

積んであるマットレスは、手探りで探すしかないようだった。

no title

 

山岳遭難の現場では風で体温が奪われることで低体温症になり、命を落とすケースも多いという。

大和君が身を寄せていた宿営施設が、

風をしのげる構造になっていたことも幸いしたもようだ。

大和君は自衛隊員に発見されたとき、取り乱すこともなく、

自ら「田野岡大和」と名乗ったという。

自衛隊員は「意志の強い子だ」と感心した。

小川氏は「大和君が無駄に体力を消耗することなく、

落ち着いて行動した点もサバイバル生活に一役買った」と分析する。

的確な行動と運や偶然。

それらが重なって小さな命はつながった。

 

ちなみに・・・

 

捜索費用はいくらくらいで誰が払うの?

もし山の中で行方不明になり捜索部隊が出動となった場合ですが、

公の機関が捜索する費用は無料です。

公の機関というのは、警察、自衛隊などになりますね。

 

しかし、山での捜索の場合はこれに加えて、

地元の山岳会などのボランティア部隊が協力する場合があります。

さらに警察が民間のヘリコプターを出動させた場合は、

民間部隊が出動したことになりますので、費用がかかります。

 

ヘリコプターは1時間で約50万円かかると言われています。

そして、地元の山岳会などの費用は

一日一人当たり2万円~3万円とされています。

dly1606020006-f1

今回のケースの場合、行方不明になってからヘリコプターを2機導入しています。

1日3時間出動させてヘリコプター代だけで1日で150万円。
2機なので、それだけで1日300万円はかかっている計算になります。
そして、1日に約150人もの人員捜索がされています。
そのうちの数%は民間の山岳会の人たちだと推測されます。
もし仮に10人ほどだとしても1日に10×2~3万円で20~30万円かかる計算になります。
それが5日間続けたとして、20~30万円×5日間で
100~150万円になります。
ヘリコプター代や民間ボランティアの費用だけでも
ざっと400~500万円はかかっていることになります。
6日間の捜索で400~500万円ですからね、結構大きな金額です。

山菜採り中やハイキング中にはぐれたんじゃなくて
置き去りだからね。
通常料金の2倍請求してみればいいだろう。

もちろん支払わせるだろ? 税金から払うのは許さない

 

払えるなら払ってほしいけど払えんだろ
無理に払わせて自己破産なんかされても困りますね。

 

親父が大和から話を聞いて一週間の出来事を本にすれば良い。
本とドラマと映画で儲けて払おう!


スポンサーリンク