北朝鮮がアメリカを挑発!?ミサイル失敗も強気の真実を知ると冷汗が

北朝鮮が弾道ミサイルを発射し失敗するも、タイミングを考えると失敗は計算された挑発行為の疑惑が?

どうしてそんなに強気になれるのか調べると冷や汗が止まらない。


スポンサーリンク

今回の失敗は計算された挑発行為?

2017年4月29日の日本時間5:30頃、北朝鮮の平安南道北倉一帯から北東方向に弾道ミサイル1発を発射したが、失敗したという情報が入りました。

その際のニュースでは失敗と流れたものの、タイミングを考えると、北朝鮮からの挑発行為ではないかという可能性が浮上しました。

というのも、この日の朝、アメリカの国連本部では北朝鮮への圧力を強めることを確認するための安全保障理事会が開かれていたのです。

安保理ではこのようなことが話されていたそうです、、、

「北朝鮮が東京、ソウルへ核攻撃を行う現実的な脅威がある」「アメリカ本土を攻撃する能力を持つのも時間の問題だ」

「さらなる挑発行為があれば、断固とした措置をとる」

この話がされた矢先に、北朝鮮がミサイルを発射しました、、、

これを挑発と言わずなんと言えるのでしょうか、、、

同月の5日と16日にもミサイルが発射されるという挑発行為が有りましたが、
北朝鮮が4月5日に挑発行為とも取れる、ミサイル発射を実行した

メンツを潰されたと言っても過言ではないアメリカのトランプ政権は、経済的に北朝鮮を追い込むため、厳しい措置をとることも視野に入れてるとのことですが、

そもそも、飢餓で苦しむ人が多く出ている北朝鮮経済に圧力を掛ける意味があるのでしょうか?


スポンサーリンク

実は資源大国だった北朝鮮

貧困というイメージの強い北朝鮮ですが、ミサイルの実験や核実験など、どこに財源があるのか調べてみると意外な真実が明らかになりました、、、

上記地図の緑になっている国が北朝鮮と国交があると言われている国なのですが、、、

なんと殆どの国が北朝鮮と国交があったんです!!!(白が国交のない国で赤が親米で国交を停止している国)

その国交では主に鉱物やレアメタルが取引されているそうですが、実は北朝鮮は世界mれに見る資源大国。

韓国統計庁が発表した2008年時点の北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル!!!

日本の備蓄量の2.5倍に相当する金2000トンと想定されることをはじめ、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トンなど海外が喉から手が出るほどの資源があると想定されています。

これだけの資源と国交があってどうしてこんな建物しか無いのかが疑問ですが
北朝鮮の首都、平壌の高層ビルがハリボテだと判明、強風で飛びそうw

北朝鮮が世界から孤立している国というのは情報操作によるまやかしだったのかもしれません。

軍事力に当てる財源は十分にあり、今後、北朝鮮がどのような進化ができるか、、、

実際に人工衛星の打ち上げに成功した技術力もあると考えると、想像するだけでも怖いですね、、、、

どうにかしてアメリカが北朝鮮を収めてくれることを祈りましょう、、、


スポンサーリンク