清原和博の現在。 宮古島でバカンスを楽しむ姿に批判殺到。

執行猶予付きの判決を下された清原和博

なんと、宮古島を満喫してる姿をキャッチされたようで・・・

その姿に批判が殺到しています。



スポンサーリンク



清原の現在

2016年5月31日。

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された

清原和博(49)に下された判決は

懲役2年6ヶ月、執行猶予4年という有罪判決でした。

 

その清原が沖縄・宮古島で

バカンスを満喫しているところをキャッチ!

 

宮古空港に降り立った清原は

上こそ半袖のTシャツであるものの、

下は足首まで入ったタトゥーを隠すための黒い長ズボン。

 

さらに帽子を目深にかぶり、

サングラスにマスクという怪しい出で立ち。

 

執行猶予中の清原和博がなぜ宮古島にいたのか、

何をしていたのか…。

 

相変わらず太った体からは更生の意志は感じられず、

左腕には注射痕らしき跡もあったそうです。

 

その姿がこちら!

 

1003_k1

 

怪しすぎるその姿ですが、

ネットで注目が集まったのは腹、

それ以上に腕でした!

 

「どうみてもやっててワロタ」

 

「サポーターでも当てて注射痕も隠せよ・・・」

 

「こんなん半袖来てるのアホやん」

 

「糖尿病治療やろ(すっとぼけ)」

 

「腕がやばいが腹もやばい」

 

「刑務所行って江夏式中毒離脱法するしかないやろ」

 

またやってるのでは?

と思った人も多いようでした。


スポンサーリンク



執行猶予中に宮古島を贅沢に満喫

清原の生活は逮捕前と何も変わっていません。

 

宿泊したのは約100万坪という広大な敷地に

様々なホテルや温泉、ゴルフ場を備えた一大リゾート施設

「シギラリゾート」。

 

中でもそのリゾート内で最高級クラスのホテル

「シギラベイサイドスイートアラマンダ」の

プライベートコテージに宿泊していたそうです。

 

しかも専用プール付き・・・

 

気になるお値段ですが、

ハイシーズンだと1泊20万円近くになるそうです。

 

現在の清原は

こんなセレブみたいなことしているようで・・・

 

ネットでも批判が相次いでいます。

 

「更生なんて期待できないな」

 

「覚せい剤依存を舐めてるんじゃない?」

 

「また宮古島で覚せい剤やってないだろうな」

 

などの声もありました。

 

一方で

 

「今はそっとしてあげたら?」

 

「再犯してないんだし、何しようが勝手でしょ」

 

という、

擁護するというよりは放っておくような声もありました。

 

薬物依存症との闘いは死ぬまで続く上に、

糖尿病治療もしているという清原和博。

 

現在は、ごく少数の支援者のサポートを受けて

大阪で引きこもり生活を送っているとか。

 

たまには気晴らしも必要ですが、

執行猶予中でもあるし、

二度と薬物に手を出さないようにして欲しいものです。

 

ネットの反応

・ちゃんと治療してるんやろか

 

・もう抜けられないんやろな

 

・もしこれ別人でキヨハラでなかったら笑うわw

 

・糖尿病もやばいやろこれ

 

まだ痩せられてないところをみると

糖尿病も改善されてないかもしれませんね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 清原和博(元プロ野球選手)に懲役2年6カ月求刑。大魔神や桑田氏がコメント。