ドラフト・日ハムが獲得した清宮幸太郎の現在の心境がやばすぎる…


プロ野球ドラフト会議2017で北海道日本ハムファイターズに交渉権を獲得された清宮幸太郎選手。

高校歴代最多タイとなる7球団から指名を受けた清宮選手の現在の心境が衝撃的でした…。

日ハムが清宮を獲得

2017年10月26日、グランドプリンスホテル新高輪で行われたプロ野球ドラフト会議。

メディアやファンが大注目していた早実高の清宮幸太郎選手は、巨人、ヤクルト、阪神、日本ハム、ロッテ、楽天、ソフトバンクの7球団が1位指名で競合し、抽選の末に日本ハムが交渉権を獲得しました。

清宮選手の当たりくじは、日ハムの木田GM補佐が左手で引き当てました。


出典;毎日新聞

清宮選手は通算111本塁打という高校歴代最多の記録を塗り替え、ドラフトでも7球団からの1位指名は高校歴代最多タイとなっている。

清宮選手の交渉権を獲得した日ハムの栗山監督は…

本当にね、我々は交渉権を得ただけなのでね、これから誠意を尽くして来ていただくという作業をしますけれども。
その前に、ひっさびさに嬉しかったですね。
本当に心の底から、はい、本当に嬉しかったです。はい

とコメント。さらに…

本当にね、僕だけではなくて、球団全員でね、とにかくこちら何が何でもという思いもあって、こういうふうなくじの引き方もしたんでね、みんなで待ってますんで。
ぜひ、良い返事をしていただけるようにこちらも頑張るのでね、待っています!

 というように清宮選手を引き当てたことを歓迎していました。

清宮の現在の心境は?

清宮選手の記者会見は東京都内のホテルで開かれ、喜びを語っていた。

清宮選手は…

今までたくさんお世話になった方々に感謝したいと思っています。
いちばん感謝しなくてはいけないのは18年間ずっとお世話になってきたというか、育ててくれた両親

と両親への感謝の気持ちを告白。さらに…

指名をいただきやっとスタートラインに立てたという気持ちでいる。
自分は何も成し遂げていないので、これからしっかり鍛錬してみんなに目指されるような選手になろうと思う

とコメント。

清宮選手の今後の目標は世界のホームラン王王貞治さんだそうですから、王さんのホームラン記録を塗り替える気持ちで頑張ってもらいたいですね!

清宮選手の今後に期待ですね!