【新潟小2女児殺害】“鬼畜”小林遼容疑者には前科があった

国内ニュース


心が引き裂かれるような、小学2年生の死体が発見されてから1週間後に犯人が逮捕された新潟小2女児殺人遺体遺棄事件。犯人の小林遼は一体どんな人物なのでしょうか?

新潟小2女児殺人遺体遺棄事件、犯人は小林遼

2018年5月7日、新潟市西区JR越後線の線路上で、当時小針小学校2年だった大桃珠生ちゃん(7)が死亡しているところが発見されました。

無残にもこの時、たった7歳の大桃珠生ちゃんは列車にひかれた状態で見つかりましたが、司法解剖の結果、本当の死因は「窒息死」、つまり他殺だったことが分かったのです。

もし親御さんが幼い我が子の身を思って、司法解剖を避けていたら、本当の死因は闇の中に埋もれていたかもしれません。

事件当日、大桃珠生ちゃんは午後3時頃いつものように下校し、その後午後3時過ぎには友人と別れています。

しかし、午後4時を過ぎても帰宅せず、自宅で娘の帰りを待つ母親は「いつもより遅い」とすぐに異変に気がつき、午後4時20分には小学校に「娘が帰って来ない」と連絡を入れていました。

犯人、小林遼は仕事を休んで殺害

その日、犯人だった小林遼(23)は仕事を休んでいました。

7日午後10時19分~10時半頃、遺体を線路に運び、列車にひかせるという死体遺棄・損壊を図ります。

首を絞められて殺された娘が、列車でひかれてしまう…この事実を受け入れなければならない被害者の親御さんはこれからどうやって生きていけというのでしょうか…。

画像の時系列を見ても分かる通り、事件が起きた7日以前にも、2017年の9月25日~事件後の2018年5月9日の間で、10件の不審者目撃情報が寄せられていました。

これが全て同一人物なのかどうか分かりませんが、未然に防ぐ方法はなかったのか…と考えてしまいます。

事件発覚、7日後に犯人・小林遼を逮捕

大桃珠生ちゃんが死体で発見されてから7日後の2018年5月14日、近所に住んでいた会社員・小林遼は死体遺棄、損壊容疑で逮捕されました。

同日午前中から任意の事情聴取に応じた小林遼は、殺害をほのめかすような供述をしていたそうです。

@hayabusashigezo)さんの投稿

警察は、黒の不審車両という小さな手掛かりを元に、付近道路にはすぐに検問を設置、できるだけ多くの市民にドライブレコーダーを提供して欲しいと呼びかけていました。

地道な捜査は昼夜続き、徐々に不審者や不審車両を絞り込み、ついには「黒の軽自動車」を割り出します。

犯人・小林遼は2ちゃんねるに書き込み


1 2 3