小林麻央の乳がん、いよいよ危ない?闘病生活を日テレが緊急特番へ!

市川海老蔵さんは9日、都内で緊急会見を開き、

妻の小林麻央さんの乳がんを初公表しました。

海老蔵さんは「そっとしてほしい」と理解を求めていましたが、

闘病生活を日テレが独占密着で緊急特番することになりました。



スポンサーリンク

VIP闘病に「NEWS ZERO」が独占密着

小林麻央(33)が進行性乳ガンに冒され、

1年8カ月にわたって闘病中であることを夫・市川海老蔵(38)が

6月9日の会見で明らかにした。

一刻も早い回復が待たれる中、その闘病生活に“古巣”のテレビクルーが独占密着しているという。

人間ドックで、麻央の体にガンが見つかったのは昨年10月。以降は入退院を繰り返している。

「麻央さんが一時入院していたのはセキュリティも厳しく、室内にはバスタブなども完備されている“VIP部屋”で、1泊12万円ほどもする。

6月13日に再入院した病院でも同クラスの個室にいると聞いています。すでに4000万円近くの治療費がかかっているそうですが、

海老蔵はワラにもすがる心境で、『いい治療があったら転院もいとわない。何か知ってたら教えてくれ』と、親しい人に相談しています」

そんな「VIP闘病」を続ける麻央の病状について、海老蔵は先の会見で、「深刻だという話でご理解いただきたい」こう答えるにとどめ、ガンの進行度は明かさなかった。

そして、のちの過熱報道を牽制するように、「静かに見守っていただきたい」と、マスコミ各社に配慮を求めた。

さらに6月10日付のブログではこうつづっている。
〈マオの実家や周辺での取材、カメラでの盗撮?の様な行為はお控えください(中略)マオ本人の負担になるような撮影はやめてください〉

海老蔵の切実な嘆願もあり、マスコミ全体に自粛ムードが漂っていたが‥‥。

「はっきり言って“マスコミ選別”ですよ。1社だけ特別扱いを受けているんですから」

こう怨み節を漏らすのはスポーツ紙の海老蔵担当デスク。続けて、こんな衝撃情報を明かすのだ。

「実は、日本テレビの取材クルーだけが海老蔵と麻央さんに密着しているという話があるんです。当然、海老蔵の見舞いにも同行しているでしょうね」これを受け、日本テレビ関係者が裏事情を明かす。

「海老蔵一家に密着しているのは、かつて麻央さんが出演していたことでコネがある『NEWS ZERO』の特別取材班です。

ドキュメンタリー番組のために何年も前から密着取材

この一大プロジェクトはライバル局への対抗心から生まれたという。

「フジテレビが中村屋に密着していて、一家を追ったドキュメンタリーは毎年、高視聴率をマーク。

12年に中村勘三郎さんが亡くなった際の追悼番組では、映像素材の量で他局を圧倒していました。

そこで日テレが着目したのが海老蔵ファミリー。現在3歳になる長男の勸玄くんが、成人して舞台に立つまで10年、20年という長い期間を見据えて取材を進めています」

長期取材の成果は「市川海老蔵一家に密着」と題され、今年1月3日に日テレ系でオンエア。深夜の放送ながら9.2%の高視聴率を記録した。

気になるのはその出演料だが、「金銭のやり取りはないそうです。ただ、日テレは海老蔵が毎年開いている自主公演『ABKAI』を主催。興行を資金面とプロモーションの両面でバックアップしていて、それが密着取材の見返りと言われています。

麻央さんの闘病と家族愛をテーマにした大型ドキュメンタリーは年末に放送される予定で、時間帯は深夜からゴールデン枠に格上げとなる見込みだそうです」

家族の絆で病に打ち克つ姿を日本中に届けてほしい。


スポンサーリンク

全て受け止めるが、稀に現実逃避もしたくなる…

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が乳がんで闘病中と明らかにした会見から一夜明けた10日、自身のブログを更新し、「全てを受け止めるのですが、稀(まれ)に現実逃避もしたくなる日もある」と苦しい心境を吐露した。

海老蔵さんは会見を終えた9日夜のブログで「少しバタバタして…」と題した文章をアップ。

「励ましやアドバイス心から感謝申し上げます」と切り出し、「私共はこれからも本番。(麻央は)あくまでも病人なので静かに見守って頂きたい」と妻を気遣った。

10日早朝には自身の顔が大写しになった同日付の新聞各紙を並べた写真を添付し「今日は新聞みるたび」と題して投稿した。

・10日のブログ

「(つらいことも)全てを受け止めるのですが、稀に現実逃避もしたくなる日もあるのかも」と微妙な言い回しで苦しい胸の内を吐露。

入浴中の自分の写真を添えて「現実逃避しそうでしたがボコボコしたら治った」と続けた。

海老蔵さんは会見中、まっすぐに前を向き取り乱すこともなく質問に丁寧に答える気丈な姿勢を見せた。

海老蔵さんの素の一面が垣間見える投稿だけにファンとみられる人は「張り詰めていても、たまに緩むこともあると思います。いいんです、現実逃避しても。張り詰めっぱなしじゃ海老様が倒れてしまう」とコメント欄に書き込んだ。

このほかブログでは、励ましのコメントが寄せられていることを念頭に「言い尽くせない、ありがとうございましたの気持ちです」と記したほか、2人の子供のことや自身の筋トレの様子などを公開。

普段と変わらない日常生活を過ごしていることもアピールした。海老蔵さんは9日の会見で200人の報道陣の前で麻央さんのがん闘病を明かし、「がんが判明した際は途方に暮れた。本人が一番つらいと思うが前向きに闘っている。

自分も家族を支えていく」などと語った。

マスコミの対応に理解を求める

海老蔵は9日、都内で緊急会見を開き、妻の病状を初公表。その日の夜に更新したブログで「私共家族はこれからも本番です。

あくまでも病人なのでマスコミの方々にはしつこいようですが静かに見守って頂きたいです」と理解を求めた。

会見後にも小林の実家に取材が来たことを明かし「マスコミの方々から公になり、マスコミの方々により更に行動が狭められる事は私は一向に構いませんが、今のまおには酷でございます」と節度を守るよう懇願。

さらに「そして麻耶さんも、子供達も、何卒よろしくお願いします。余計な事を申し上げまして誠に申し訳ありません。

また今朝は雨の中 家の外で多くの記者の方々をお待たせてして申し訳ありませんでした」と低姿勢でつづっていた。

それでも取材が続いていることから、会見翌日のきょうも「度々申し訳ありません。マスコミの方々へ」とのエントリーで更新。

「命に関わることなのです。御理解ください。今日もマオの実家や周辺での取材、カメラでの盗撮?の様な行為はお控えください、お願いします」と訴えた。

「マスコミの方々もお仕事である事は重々承知しておりますが」と理解を示した上で「人の命に関わることです。よろしくお願いします。

マオ本人の負担になるような撮影はやめてください。本当によろしくお願いします。よろしくお願いします。静かに見守って頂きたいです」と呼びかけている。

古巣「ZERO」にメッセージ

「長い闘病ですので、前向きになったり、不安になったりを繰り返しながら、過ごしてきました。

主人が本当に頼りになるので、たくさん甘えさせてもらい、支えてもらっています」と海老蔵への信頼を告白。続けて、「大切な家族に負担をかけてしまっていることが、一番悲しいですが、家族と一緒に生きるために、これからも治療に励んでいきます。

私は、とっても前向きです!」と回復を目指していることを強調した。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 小林麻央が乳がん。9月1日に重大発表?「自分の言葉で伝えるべきことがある」

 

⇒ ついに、もう数日の命?・・・妻の小林麻央と最後の時間を過ごすと決めた海老蔵の言葉が悲し過ぎる

 

⇒ 小林麻央さん、余命1か月・・・現在の病状がステージ末期で余命僅か?海老蔵のブログが悲しすぎる・・・

 

⇒ 小林麻央の余命に新事実判明!ホスピスに入ってしまったと話題に

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

小林麻央の乳がん、いよいよ危ない?闘病生活を日テレが緊急特番へ!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!