ついに、もう数日の命?・・・妻の小林麻央と最後の時間を過ごすと決めた海老蔵の言葉が悲し過ぎる

img_0_m

乳がんで闘病生活を送っている小林麻央。

小林麻央の余命僅かという噂が・・・

市川海老蔵が異例の行動を行いました。

スポンサーリンク

異例の長期休暇を取得

「海老蔵さん(38)が、

この8月から9月にかけて松竹から

長期休暇をとることが了承されたそうです。

 

彼の歌舞伎公演の合間には稽古やドラマの収録などがあり、

通常だと1年のうち休みが取れるのは数日しかありません。

異例中の異例のことです」

 

7月初旬、午後3時過ぎに

『七月大歌舞伎』が行われている

歌舞伎座の周りをジョギングする市川海老蔵(38)の姿があった。

妻・麻央(33)に進行性の乳がんが見つかったのは、

14年10月。闘病中の麻央を海老蔵が献身的に支えてきた。

 

「昨年11月ごろから、海老蔵さんは

『長めのお休みをいただき、家族旅行するのが私の望み』

とごく一部の松竹幹部に麻央さんの病状を打ち明け、

スケジュール調整を頼んでいました。

 

それがやっと叶い、

38日間の休みが取れることになったのです」

 

多忙な合間を縫って、

家族4人ですごせる時間を作った海老蔵。

それは闘病を続ける麻央にとって、

夫からの最大のプレゼントになる――。

 

海老蔵は3日に勧玄くんと『おしゃれイズム』に出演していたが、

ここでも麻央に対する深い愛情がうかがい知れるようなやり取りを披露していた。

 

「番組が収録されたのは、

海老蔵さんが麻央さんのがん闘病を告白した会見の翌日6月10日でした。

この日、麻央さんは病院から一時帰宅していましたが、

スタジオには同行できませんでした。

 

6月13日に再入院して治療することが決まっていたのです。

そこで海老蔵さんは、麻央さんが『行きたい!』という自宅近くの焼き肉店や、

フカヒレで有名な中華料理店に連れて行ってあげて、

2人だけの時間を大切にしたようです」

 

再入院したという麻央は旅行に行けるほど回復したのか。

海老蔵の後援者がこう話す。

 

「麻央さんは、フランス南部にある

温泉地に行きたがっていたようです。

ただ、長時間のフライトや医療施設の問題で、

国内の旅行に変更されました」

 

これまでも海老蔵夫婦は、

がんを克服するために懸命の治療を続けてきた。

麻央の抗がん剤治療について、

東京・複十字病院の乳腺センター長の

武田泰隆医師がこう語った。

 

「麻央さんは手術をまだ受けていないそうですが、

一般的に、その場合は術前抗がん剤治療を半年間行って、

1カ月ぐらいかけて効果をチェックします。

 

そうして次のステップとして、

手術するか再度の抗がん剤治療にするかが決められるのです。

つらい治療を再び始める前の体も

ひと息ついている時期に『旅行に行きたい!』

という方も多いです」

 

今回、麻央との家族旅行は、

8月半ばから9月半ばの間で考えられているという。

 

「最終的には家族が大好きな伊豆の温泉旅館に決めたそうです。

亡父の團十郎さんや先代の祖父も利用した

“隠れ家”のような旅館。

 

なんといっても2人の新婚旅行が温泉でしたからね。

歌舞伎の『勧進帳』の舞台・安宅の関に近い石川県の温泉旅館で、

夫婦にとって忘れがたい思い出となったはずです。

 

海老蔵さんが今回、

麻央さんのための旅を温泉にしたのも

新婚当時の気持ちを蘇らせてあげたかったからかもしれせんね」

出産シーンを1000万で放送へ!

現在乳がんと戦っている小林麻央さんの出産シーンが

1000万で取引されているという衝撃ニュース。

 

そして気になる左上のホモ疑惑の文字。

東スポのセンスに「脱帽」の2文字がお似合いでしょう。

 

腹水溜まってると噂の現在

no title

no title

 

腹水とは、腹腔(ふくくう)へ過剰に水がたまる症状。

 

がんが進行すると肝臓の働きが低下して、

アルブミンを十分に作れなくなる。

すると、本来は血管に引き入れられて体外へ排出される水分が、

腹腔(ふくくう)内にたまってしまう。
引用

e9fe55885372539aaf40356fade34b6bc3457006

 

フライデーの報道

「会見の2日ほど前から市川家と近い関係者の間で

ある情報が流れました。

 

それは、市川海老蔵さん(38)の妻である

小林麻央さん(33)が乳がんを患っているというもの。

 

さらに『「夏までもたない」と医者から告げられ、

病院から自宅に戻ったようだ』というショッキングな情報だったため、

それをキャッチした一部の芸能記者がウラ取りに走ったんです」

 

6月9日、「成田屋」市川海老蔵が東銀座のホテルで緊急記者会見を開いた。

そこで海老蔵は、「単刀直入に言うと、乳がんです」と麻央の病状を公表。

1年8ヵ月前(’14年10月ごろ)に夫婦で受けた

人間ドックがきっかけで発覚したと明かしたのは、

周知のとおりだ。

 

この会見から遡ること、約10ヵ月。

彼女のある『異変』を目撃していた。

’15年7月末の夜、二人が代官山を歩いていた。

海老蔵は白のTシャツに黒の短パンというお気に入りのファッション。

行きつけのカフェで飲み物を買い、周囲を散歩するという二人の『定番コース』。

しかし、麻央は顔回りやお腹のあたりがふくらんでいて、

いつもと様子が明らかに違う。

これはがん治療の副作用だったのか。

no title

乳がん治療の第一人者『よしもとブレストクリニック』の

吉本賢隆院長が話す。

 

「乳がんの薬物療法は大きく3つにわけられます。

ホルモン療法、化学療法、分子標的療法です。

がんの性質に応じてもっとも効果的な治療法を、

単独あるいは複数を組み合わせて行います。

それぞれの治療法には吐き気、倦怠感、発熱、むくみなど

多くの副作用があります」

 

さらに遡ること、約1年。

’14年7月の夜、本誌はもうひとつの『異変』を目にしていた。

 

この日は『七月大歌舞伎』の千秋楽であり、

二人の4回目の結婚記念日。

スーツ姿の海老蔵、着物姿の麻央は、

代官山のイタリアンレストランで記念日の食事を楽しんでいた。

麻央は一人でタクシーで自宅まで帰ったのだが、

その間ずっと腰のあたりをさすっていた。

着付けがキツく苦しかった……というレベルではない。

ときに痛みに顔をゆがめながら、

不自然なほど腰を押さえていたのである。

この約2ヵ月後、麻央の病気が発覚した。

 

フライデー最新号では、この時の麻央の様子と、

その後、姉の小林麻耶(36)が

海老蔵宅を訪問する姿を写真で紹介している。

 

会見で、海老蔵はまっすぐ前を向き、

「いつか、あの時間は大変だったけど、

家族にとってはいい経験ができたという会話ができるように夢見ている」と語った。

妻が深刻な病に冒されたとき、あなたは支えられるか。

2人に1人ががんにかかる時代。

これはすべての夫婦にふりかかる問題である。

乳がんの5年生存率

no title

no title

 

乳がんとは

乳房組織に発生する癌腫である。

世界中でよく見られる癌で、

西側諸国では女性のおよそ10%が

一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。

 

それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく

膨大な労力が費やされている。

 

また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。

乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。

 

生涯で乳癌に罹患する確率は、

日本人女性では16人に1人、欧米では8~10人に1人である。

極めて稀に男性も乳癌に罹患することがある。

 

乳癌の病期(ステージ)は腫瘍の乳房内での広がり、

リンパ節への転移の有無、癌細胞の遠隔転移で決まってくる。

 

腫瘍の乳房内での広がりには、

腫瘍のサイズ、皮膚や胸壁への浸潤の有無、

炎症性乳癌という病態かどうかが含まれる。

 

乳癌の治療は原則的には外科的切除であり、

抗がん剤や抗エストロゲン剤など

化学療法と放射線療法が併用される。

 

生存率とステージ

7b66c155

fa8fe6e4

会見での状況

・ステージは言えなくて深刻

・手術もできない状況

・33女で乳がんの進行の早さ

・もうキラキラした時間を子供と作ってる

・導いていける環境作り

・休みをとってどこかに行こうと思っている

・追いかけないで下さい
no title

 

相当進行してるという噂です。

 

気になることとして手術を目指してる、ではなくて、

手術を目指していた、って言ってるんだよなぁ、海老蔵さんは。

 

手術せずに治ることもあるんかもしれんけど、

深刻って言うからには末期なんだろう。

 

あとは何年伸ばせるかだな。

年内とかではないだろうけど。

 

奇跡を祈るしかないかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 小林麻央が乳がん。9月1日に重大発表?「自分の言葉で伝えるべきことがある」

 

⇒ 小林麻央さん、余命1か月・・・現在の病状がステージ末期で余命僅か?海老蔵のブログが悲しすぎる・・・

 

⇒ 小林麻央の余命に新事実判明!ホスピスに入ってしまったと話題に