夫のち◯ぽが入らないのブロガー・こだまがブログを書き続ける理由…

国内ニュース


今は右手の中指だけ直角に曲がってますが、いつか全部の指がそうなって、
バケモノみたいになるはず。

どうせなら、いくところまでいってみたい」

いくところまで行ってみたい。
この一言が、彼女をなんとなく表しているような気がしますね…

エッセイが大人気に

そんな彼女の存在が目立つきっかけとなったのは、
同人誌にエッセイを寄稿したことがきっかけでした。

そのタイトルはなんと夫のち◯ぽが入らない

これは・・・ちょっときになるけど、手に取りにくい題名・・・笑
その中身はというと・・・

ブログの中身は文字通りだった

「ち◯ぽが大きすぎるんです。
入れようとすると裂けて血まみれに。“半ちんぽ”が限界でした。

今はもう“神様のイタズラ”と割り切っています。
夫も私もお互いが唯一の友達で恋人。子供はいらない」

辛い過去も生かしたい

「母には『お前はダメだ』『恥ずかしい存在だ』と、
洗脳のように言われ続けて育ちました。


1 2 3 4