少女が死亡した原因はある飲み物だった。子供には絶対飲ませるな!

4302966629_782e2024f4_z_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

14歳の少女が死亡するという事件。

原因はカフェインの毒性による心臓の不整脈

しかし彼女はあるドリンクを

1日にたった2本飲んでいただけだったのです。


スポンサーリンク

原因はカフェイン

アメリカで14歳の少女が死亡するという

痛ましい事件が起きました。

 

その死因は、

カフェインの毒性による心臓の不整脈。

 

その時のカフェインの摂取量は480mg

成人の1日のカフェインの最大摂取量を

400㎎としているのでかなりの量です。

 

これは350mlのコカコーラ、

14缶分のカフェイン量と同じなのです。

 

13554796575_0cf16ff382_z-1

 

カフェインといったら、

コーヒーや紅茶のイメージです。

 

しかし、彼女はあるドリンクを

1日に2本飲んでいただけなのです。

 

人を殺すドリンク

娘が死亡したとして、

遺族らは製造会社を訴えました。

 

亡くなった少女の母親は、

 

「そのドリンクが

人を殺す可能性があることを

知ってもらいたいだけ」

 

そう話しています。

 

疲れたときや元気が出ない時、

眠い時などに私達も飲んでいるドリンク。

 

そのドリンクは、

年齢や健康状態によりますが

2本飲んだだけで死に至る可能性のある

危険なものなのです。

 

それは、

エナジードリンクです。

 

エナジードリンクの危険性

14歳の少女は、

エナジードリンク『モンスターエナジー』

を1日で2本飲み、

亡くなってしまったのです。

 

エナジードリンクは子どもの

心臓や神経に悪い影響を与えますが、

子どもが意図せずに

飲んでしまうケースもあるそうです。

 

8665481374_1a781389a6_z-1

 

エナジードリンクの中には、

アルコールの一種であるエタノールが

含まれているものもあります。

 

そのためエナジードリンクの

商品ラベルには、子どもや妊婦が

飲まないように注意書きがされています。

 

ただその注意書きは目立つように

記載されているわけではないのです。

これも関係してか、

子どもたちが誤って飲んでしまうようです。

 

5047933106_84fb4afceb_z-1

そのため、さまざまな国から

エナジードリンクにより

何らかの症状が出ているといいます。


スポンサーリンク

エナジードリンク中毒

残念なことに、エナジードリンクが原因で

子どもが亡くなったケースは、

今回だけではないのです。

 

健康な16歳の少女が

いきなりビーチで死亡してしまった

というのです。

そして原因がエナジードリンクでした。

 

198749_209285642536799_329805481_n

 

彼女は日常的にエナジードリンクを

摂取していて心臓発作により

亡くなってしまったのです。

 

エナジードリンクの過剰摂取は、

子どもたちだけではなく、

大人も気をつけなければいけないこと。

 

心臓や血圧に問題がある人は

細心の注意を払うべきです。

 

エナジードリンクの飲み方、付き合い方を

真剣に考えないといけないですね。

 

エナジードリンクの問題点

エナジードリンクでは、

「レッドブル」や「モンスターエナジー」

「ロックスター」「5Hour Energy」など

が有名ですね。

 

その中で共通点がいくつかあります。

 

■砂糖が多い

エナジードリンクには

砂糖が多く含まれています、

そのため、よく飲む人は

カロリーの取りすぎになりがちです。

 

a0027_000752_m

 

■カフェインの過剰摂取

不眠症などから死亡原因にもなる、

カフェインの量。

 

コーヒーなどよりもよっぽど多いので

注意が必要です。

 

■ 精神的に依存しやすい

これは人によりますが、

エナジードリンクがないと元気が出ない・・・

なんて状態に陥ることもあるのです。

 

薬瓶

頼り過ぎはよくないと頭においておいて。

 

■アルコールが入っているものも

種類によりますが、

アルコール入りのものもあります。

 

少量のアルコールもダメな人もいますし

飲む際は成分を確認したほうが

いいかもしれないですね。

 

糖分やカフェインは知っていましたが、

アルコールが入っていることは知らなかったです。

 

量が多くなかったとしても、

妊婦さんなど影響が及ぶ人はいると思います。

 

つい気軽に飲んでしまいますが

子供が飲んでいないか、

自分にとって必要か、

今一度考えてみてください。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ そのペットボトル大丈夫?体に悪すぎる発がん性物質が・・・