海外もビビった日本と北朝鮮工作船との銃撃戦。『日本とは争うな』


2001年12月22日に起きた

九州南西海域工作船事件

その時の海上保安庁の対応がすごいと

海外でも話題を呼びました。


スポンサーリンク

事件の概要

九州南西海域工作船事件とは、

2001年12月22日に発生した

不審船追跡事件のことです。

 

不審船は、巡視船と交戦の末、

自爆と思われる爆発を起こし沈没しました。

 

01_01_13

後の調査により当初、不審船と呼ばれていた船は、

北朝鮮の工作船であった事が判明しています。

そのため『工作船事件』と呼ばれるようになったのです。

 

始まりは・・・

九州南西海域(東シナ海)の日本の

排他的経済水域に不審船がいるという情報を

防衛庁から海上保安庁が受けたことです。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

海外もビビった日本と北朝鮮工作船との銃撃戦。『日本とは争うな』


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image