海外もビビった日本と北朝鮮工作船との銃撃戦。『日本とは争うな』

2001年12月22日に起きた

九州南西海域工作船事件

その時の海上保安庁の対応がすごいと

海外でも話題を呼びました。


スポンサーリンク



事件の概要

九州南西海域工作船事件とは、

2001年12月22日に発生した

不審船追跡事件のことです。

 

不審船は、巡視船と交戦の末、

自爆と思われる爆発を起こし沈没しました。

 

01_01_13

後の調査により当初、不審船と呼ばれていた船は、

北朝鮮の工作船であった事が判明しています。

そのため『工作船事件』と呼ばれるようになったのです。

 

始まりは・・・

九州南西海域(東シナ海)の日本の

排他的経済水域に不審船がいるという情報を

防衛庁から海上保安庁が受けたことです。

 

すぐに巡視船と航空機が現場に向かいました。

 

その国籍不明の不審船は、

一見漁船のような体制を保ち、

船体には『長魚307』と書かれています。

 

停船を命じても無視してジグザグに航行で逃走を図ります。

 

kaiho1

 

銃撃戦が勃発

中国語・韓国語・英語などで

何度停止を命じても無視して逃走していました。

やむを得ず、海上保安庁の巡視船は射撃警告します。

 

その後『いなさ』が距離を保って監視し、

『あまみ』と『きりしま』がサーチライトを照射しながら

不審船を左右から挟み、

20ミリ機関砲で威嚇射撃を開始

 

一旦威嚇射撃を中断し、

巡視船は不審船に強硬接弦を試みます。

 

しかし、不審船の乗組員が

自動小銃やロケットランチャーなどで

攻撃を仕掛けてきたのです。

 

海上保安庁側も正当防衛射撃で応戦。

激しい銃撃戦となりました。

 

kaiho3

 

防弾の施されてない『あまみ』は

銃撃戦による損害は大きかったようです。

 

100発以上の銃弾に貫通され、

3名が全治10日の負傷しています。

また、船体後部のウェルドック内搭載艇が

波浪で押しつぶされるなどの損害も発生しました。

 

最後は自爆し沈没

銃撃戦のあと、不審船は

仕掛けてあった爆発物によって

爆発を起こし沈没しました。

 

自爆と思われています。。

その後は、海上保安官の安全を確保しつつ、

漂流している乗組員の捜索・救助を。

 

後日、沈没船は海上保安庁によって

引き上げられましたが

北朝鮮の工作船であったことが判明しています。

 

最後は自爆でしたが、日本の対応もすごいですね。

銃撃戦で勝ち、しっかり領土を守っています。

 

こういうニュースを見ると、

日本もまだまだ捨てたものじゃないなって思います。

 

海外の反応

・日本の海上保安庁はよくやった!

自国を守る権利を尊重しない人間を阻止し続けてくれ。

(アメリカ)

 

・やっぱりやるときはあれくらいやらないとダメだよね。

(アメリカ)

 

・日本の海上保安庁に賞賛を贈ります。

(フランス)

 

・日本の海軍を敵に回すのは賢くないな。

それは歴史が教えてくれてることなのに。

彼らは生まれながらの海軍軍人なんだよ。

(アメリカ)

 

・日本とは争うなって。

本気出したらやばいからな。

(フランス)

 

・あの不審船は何を目的にしてたんだ?

日本の海上保安庁に勝てると思ってたのか?

(オーストリア)

 

などなど、

いろいろなコメントが。

 

日本もやるときはやる。

そう認識してる人が多いようです。

 

そのことが広まり、

日本に侵入してくるような

国が無くなるといいですけど・・・。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 中国の売春事情。12歳から売春してた女の子がヤバすぎた

 

⇒ 14歳少女が誘拐後に強制売春。1日で110人にも犯されていた。