交通事故で少女をかばって片足を失った。10年後、その少女が結婚すると聞き・・・

体験談


母親は見合い話を持ってきてくれたりとおばちゃんパワー全開だったようでwww

少女は少女で成長し「今度女子高生送ってあげようか?宅急便で」とか平気で冗談が言い合える仲になっていた。

事故から10年後、少女が結婚

10年経っても助けた少女の家族とは良いお付き合いができていたそうです。

その日もいつもの雑談をしていました。そんな時、少女が結婚すると判明したそうです。

この被害者の男性は、加害者の家庭を思いやる心をお持ちでした。

「結婚には費用がかかる。」

「この家庭の負担を減らしてやろう」

その様な、聖人のような気持ちになったそうなのです。色んな感情が、走馬燈のように頭を駆け巡りました。

成長した少女の人生の幸せを考えてしまい嗚咽してしまったというのです。

「年50万の補償は断ろうと考えている」

そういう結論に達したそうです。

「片足を犠牲にした人間とは、もう、関わる必要は無い。」

それはそれで、良いのでは無いかとお考えになっているそうです。

交通事故で人生が大きく変化

被害に遭って身体の一部を失い、それでも加害者側を思いやる・・・簡単なようで難しいことです。

この様な美談は、殺伐とした現代社会では少ないことでしょう。

ネットでの反応

・これは、美談だ~!

・被害者が、加害者と仲良くなるなんて!

・加害者側を思いやるとは、あり得ないわ~

・こういうのを達観と呼ぶんだろう!素晴らし過ぎる!

関連記事

⇒ ホームレスの男性が拾った財布を警察に届けた結果。運命が180度変わることに!

 

⇒ 老人ホームで孤独に息を引き取った老人が亡くなった後に見つかった看護婦に宛てたメッセージとは?【涙腺崩壊の感動話】


1 2 3 4