交通事故後に絶対にしてはいけないこと。看護師のよくある話が怖すぎる

unknown-2-1

いつ自分に起きるか分からない交通事故

起きてしまったらパニックになるのもわかります。

しかし、日本人にありがちなことですが

絶対にしてはいけないことがあるんです。


スポンサーリンク



絶対にしてはいけないこと

交通事故が起きた時、冷静に対処できたら

その後の展開も、パニックで何もできなかった時よりも

はるかに有利なものとなってきます。

 

事故後に自分で、

「なんでもない」

そう判断してしまうと、自分の

体の変化にも気づきにくいものです。

 

そんな中、Twitterで

こんなツイートが話題を呼んでいます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-17-27-32

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-17-27-45

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-17-27-54

 

実はこれ、

ナースの間ではよくある話のようです。

 

事故直後は、突然のアクシデントに

遭遇したことで興奮しています。

 

そして、脳内にアドレナリンが放出されて

痛みを感じないこともあるそうです。

 

実際には、大きなダメージを受けているのに

自覚できないことが珍しくない。

気分が落ち着いて初めて、

打撲や怪我をしていることに気づくパターンも

 

事故後は必ず病院へ!

よくよく考えてみると

これはとても怖いことです。

 

自分の体のことなのに、

自分でわからないなんて・・・

 

なので、素人判断で

「大丈夫」

そう思わずにまずは病院に行きましょう。

 

歩いて行ったりしないで、

必ず救急車を呼んで行ってくださいね。

 

9137

 

交通事故にあった際に、

被害者の方が「すみません」と

謝ってしまいががちです。

 

特に子供は逆に

「自分が悪いことをしてしまった。

怒られるかも・・・」

 

そう考えて、事故があったこと自体も

隠してしまうことがあります。

 

しかし、その時が大丈夫でも

症状が数日後に出たり、

その事故の影響でなんらかの不調が起こる

ことがあります。

 

特に子供には気をかけて、

しっかりと理解するまで教えてあげてください。

 

ネットの反応

Twitterでは自身や友人が

同じような体験をしたという

コメントが寄せられました。

 

・それ、俺だ、、ひかれたあとは

すぐ立ち上がれるし痛みもなんも感じない、、

しかも違和感なく普通に歩けるんだよなぁ

 

・昔あったな、事故にあった後に

「大丈夫」とか言ってそのまま家に帰って死亡、

事故車が過失致死で死亡とかもあったね。

タクシーで帰れるっていって、帰って家で死亡も。

 

・ああ、私も子供の頃飛び出して軽トラにはねられたっけ。

親に怒られるのが怖くて「大丈夫」と言ってしまったけど、

そのとき人生が終わってた可能性もあったのか。

今生きているのはたまたまだったのだなぁ。

 

・幼稚園のときのクラスメイトが

田んぼのあぜ道歩いてて軽トラかなんかに

吹っとばされて田んぼにドボン

→なんともないから帰宅→突然耳から血を流して他界

って流れで亡くなったので、ほんとに

「ちょっとでも事故ったら救急車&警察」は徹底した方がいい。

 

などなど、色々です。

こんなに経験ある人がいるっていうのが驚きです。

 

後で後悔しても遅いということは沢山あります。

 

交通事故に巻き込まれた時、

「どうしたらいいの?」

 

そう迷ってしまわないように

必要な対応は頭に入れて、

周りにも教えてあげましょう。

 

事故に起きたらするべきこと

やってはいけないことはわかりました。

 

では逆に、事故の被害者となってしまってとき

どのようなことをするべきなのでしょう。

 

9133

 

①まずは、録音

ボイスレコーダーやスマホのアプリで

加害者との会話を全部録音しておきます。

 

なかったことにしようと脅してきたり、

こちらのせいにしようとする人もいるので

保存しておくと後あと、楽になります。

 

②次に、警察への連絡

これは必ずしましょう。

 

相手が何と言おうが

事故の大小に関わらず、です。

 

口約束だけで「弁償するから警察には・・・」

などという人には要注意です。

時間が経つと態度を変えたり、そんなの

知らないといってきたりすることも。

 

③現場の保存

できたら細かく事故が起きた時の状況を

メモしたり、事故現場の写真を撮っておくといいです。

 

目撃者も探しておきましょう。

 

④相手の確認

間違いがないのは、相手の

免許証、車検証、自賠責・任意保険証

の写真をとることです。

 

あと車のナンバーの確認も忘れずに。

 

もちろん、これらは怪我が

あまり酷くない時にしかできないと思います。

 

怪我で辛い時には無理をしないで、

周りの人に任せたりしたほうがいいでしょう。

 

事故にあったら、歩いて帰らず救急車

これは絶対に忘れないでくださいね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ バイク事故の後遺症で耳が聞こえなくなった。10年後、耳掃除するとエゲツないものが出て耳が聞こえ…

 

⇒ 交通事故で下半身が切断された男性。残された5分で彼が望んだこと。

 

⇒ 交通事故で少女をかばって片足を失った。10年後、その少女が結婚すると聞き・・・