黒木瞳の娘が宝塚受験!陰湿ないじめ事件のせいで不合格!?

未分類 芸能


女優として圧倒的な演技力を見せつけている黒木瞳は、宝塚出身だということでも知られていますよね。

1991年に電通社員の男性と結婚し、1998年に第一子となる女児を出産している黒木瞳ですが、その長女が何かと問題を起こし、話題になっているようです。

そこで本記事では、黒木瞳の娘や娘が起こした問題などについて探っていきたいと思います。

黒木瞳は宝塚時代月組娘役トップとして活躍し続けた

黒木瞳は、20倍以上の倍率で宝塚の入団試験に合格。

1981年に、宝塚に入団しました。

宝塚に入団後は大地真央の相手役として活躍し、なんと宝塚に入団してから2年で月組娘役トップに君臨。

@hitomikofficial)さんの投稿

黒木瞳は史上最速のスピードで、娘役のトップに君臨したといいます。

また普通、宝塚の入団試験に挑むまでに様々なレッスンを受けてスキルをつけておく受験者が多いようですが、黒木瞳の場合はバレエをたったの1回習っただけで、入団試験に合格。

黒木瞳は昔から人を惹きつける魅力があったのかもしれませんね。

黒木瞳の娘・伊知地萌子も宝塚を受験!

1998年に長女を出産していた黒木瞳ですが、その長女(伊知地萌子)も宝塚を受験しました。

しかし、結果は不合格となったのだとか。

母親が元宝塚でトップ女優であっても、娘の入団試験合否には関係がないのですね。

また、黒木瞳の娘である伊知地萌子が宝塚の入団試験を受けたのは2017年のことで、彼女が当時18歳のときでした。

@hitomikofficial)さんの投稿

宝塚入団試験を受験する資格があるのは18歳までなので、2018年に再チャレンジすることは難しそうですね…。

伊知地萌子の場合は、宝塚に入団することを目指して、有名バレエ教室に通っていたのだといいます。

しかも、その有名バレエ教室でライバル関係にあった君島十和子の娘は見事、宝塚入団試験に合格となったようです。

黒木瞳の娘が宝塚入団試験に不合格となった理由とは一体なんだったのでしょうか?

その理由について調べてみると、とある陰湿な事件が隠れていることがわかりました。

黒木瞳の娘が陰湿ないじめの首謀者!?レ●プ事件て本当?


1 2 3