廃棄寸前のチューリップ50個を救った『球根ガチャ』が凄すぎる…


出荷場でのトラブルで
50万ほどのチューリップの球根が
売り物にならない状態になったら…
あなただったらどうしますか?



スポンサーリンク

50万個のチューリップが廃棄!?

関西を中心に店舗等を展開している『国華園』での出来事です。

なんと、品種ごとにきちんと
分けられていたチューリップの球根たちが
ごちゃまぜになる事件が起きました!
そのため、どれがどの品種なのか
見分けがつかなくなる事態に。

ことの発端は、オランダから
50万球ほどのチューリップの球根を輸入。
しかし、それを入れていたパレットが
破損したのです。

社員たちは困り果てました。
そりゃ、そうですよね。
通常、品種が分からない状態では売り物にならないです。
そのため、球根は廃棄されかねない状態でした。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

廃棄寸前のチューリップ50個を救った『球根ガチャ』が凄すぎる…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image