日本終了のお知らせ…労働時間がとんでもない!働き蟻はどこいった?

日本人は働きすぎ。日本人は働き蟻のようだ。そう他国から言われていきました。しかし、実際にそうなのか?

今は少し状況が変わっているようです。



スポンサーリンク

衝撃事実が判明!

最近、日本では過労自殺などが注目されるようになりました。

そのため、『働きすぎは悪』『仕事よりコンプライアンス』そんな考え方になってますが・・・

本当にそれでいいのでしょうか?

日本人労働

誰も頑張らないし踏ん張らない。
そんな国に果たして未来はあるのか、謎でしかないです。

『データブック国際労働比較2016』というものがあるのですが、この結果がとても興味深い内容に。

国ごとの労働時間の比較を見れます。
2014年の製造業の週労働時間は、日本人は先進7ヵ国の中でかなり短いほうなのです。

時間にすると、1週間で37.7時間

各国でバラツキがあるので一概には言えませんが、米国の42時間や英国の41.4時間、ドイツの40時間より少ないですね。

フランスは37.8時間、カナダは37.1時間なので変わらない水準だと言えます。

もう日本人は、働き蟻とは言えないような状況です。

にも関わらず、未だに『働きすぎ』『残業を減らせ』という意識が残っていますね…。

過労労働が今のように注目されたのは、この事件ではないでしょうか?
⇒ 【電通過労死】高橋まつりさんの同級生がTwitterで衝撃発言。


スポンサーリンク

日本、終了か…?

日本人はどんどん働かなくなっています。

バブル直後には、年間労働時間は2000時間を超えていました。

残業

しかし・・・
それからだんだん少なくなっていき、2014年には1729時間にまで減少しているのです!

安倍晋三総理も『働き方改革実現推進室』で

「『モーレツ社員』の考え方が否定される日本にしていきたい」

そう発言しています。

だが、少し考えてほしいのです。
今の日本の豊かさは一体誰が作ってきたものか。

それこそ、長時間労働をものともしない『モーレツ社員』たちが築いてきたものなはずです。

モーレツ社員

つまり、それを否定することは日本の現状以上の成長を諦めることにもなるのではないでしょうか?

無意味な労働はしたくないのが当たり前です。
しかしそこに価値があり、するべき労働だったらやるべきですよね。

今後、労働の考え方を変えていかないと、大変なことになってしまうかもしれません。

ネットの反応

・働いた分、金になるなら働くが金にならんから働かない

・女も働け子供産め老人も家で介護しろは無理があんだよ

・休みまくってるくせに世界一高給取りなのが日本の公務員が問題

・効率も落ちて働かなくもなるとかそらデフレるね

・用もないのに会社に残ってるやつたたいてい無能

誰しも意味のない、価値のない労働はしたくないもの。

評価してもらえい、きちんと給料も貰えるのなら・・・
頑張ろうという人は少なくないはず。

頑張っても、評価されず、給料にも変動がないことが問題なのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 電通で過労死した高橋まつりさんの「最期の15日間」がエグすぎる

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。

日本終了のお知らせ…労働時間がとんでもない!働き蟻はどこいった?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!