性欲まみれの男の異常さを描いた漫画が話題にwキモすぎて鳥肌が…

ムラムラしている男性を冷静に見ると、異性どころか同性の男性からしても寒気のするもの…。

今、性欲まみれの男性の気持ち悪さを的確に表した漫画が話題となっております。



スポンサーリンク

男性の性欲まみれの気持ち悪さ

その話題となっている漫画というのが、双葉社発行の『漫画アクション』にて連載されていた、漫画家・押見修造の『ぼくは麻理のなか』という作品。

押見修造さんといえばアニメ化もされた『惡の華』が代表作として有名です。

とても男性特有の心理描写が巧みな作品でしたが、今回の作品は「外見は女性、中身は男性」という変わった視点から書かれています。

一体どんな内容なのでしょうか。

あらすじとしては・・・

部屋に引きこもりがちな青年・小森功。
唯一の楽しみは行きつけのコンビニで見かける、とある女子高生を尾行すること。

だがある日、気付くと功は見知らぬ部屋にいた。そして鏡に映っていたのは1人の女の子。

功のはなんと、彼がひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生・吉崎麻理となってしまったのだった。

外見が女で中身が男になってしまうといった、何とも面白そうな展開なのです。

近寄ってくる男性をまじまじと客観視できる設定です。

その気になる内容とは…?!


スポンサーリンク

的確すぎる心理描写

話題となっているのは、性欲MAXな男性を客観的に見て上手く描いているシーンです。

出だしの告白シーンでもう温度差が出ております…。

男性側はもう完璧に自分の世界に入ってしまってます。
女子高生(中身:男性)の顔も引きつってますね。

男性側は興奮している様子。
告白していきなり発情していますね。

うーん、こうやって客観的に見るとゾワゾワします。

相手にその気がないのなら、究極に気持ち悪いセリフ以外の何物でもないですね!

しかも、いきなりキスとか…。
どんな神経してるんだか。

最後の一コマは・・・

これは殴られてもしょうがない・・・むしろ殴るのが正解かもしれません!

性欲まみれの男の独りよがりな行動は、その気のない相手からはこんな感じで見られているのです。

それが分かったら、今後そんな行動はやめましょうね!

殴られても文句言えないですからw

ネットの反応

・女が俺の家にあがったときに、何もやらなかったら不思議がられたわ

・これ気持ち悪いのはナルシストの勘違い部分だろ。自分が好きだから相手も好きなんて平気で思える変な思想が男全般だと思うのやめてもらえませんか

・この女は中身男だから、男が乗りやすい話題振って仲良くなったが、いきなりキスされたのでぶん殴った

・恍惚な顔をうまいことキモく描けてるな

いかがでしたでしょうか。

コメントにもあるように、確かに男性全般がこのような感じではないと思います。

でも、たまにこういうナルシストな人、いると思います。

相手の気持ちを考えたり、空気を読むことって、大事なことだとこのシーンを見てつくづく思いました…。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 性欲の強い女性の9つの特徴。当たりすぎだと話題に!