恋愛と結婚はベツモノ?えげつないほど違う条件が話題に・・・

お役立ち


「子どもをつくるなら何人くらい?」など、まずは具体的なイメージを聞くと早いですね。

根本的に赤ちゃんや子供に対して、無愛想だったり関心がないと
男性は結婚相手にはしたくないと感じています。

2.「女」➕「母性」がある女性かどうか

「結婚となると、母的な懐の深さも大切」

自分の弱さをあるがままに受け止めてくれる包容力を、男性は未来の妻に求めるようです。
彼が落ち込んでいたら、「私はなにがあっても味方だよ」と、明るく支えてあげましょう。

「わがままも可愛いけど、毎日はムリ」

わがままを彼に聞いてもらうことが多いという自覚がある人は、
次は自分が聞いてあげましょう。

3.仕事や趣味を持っていて、夫に依存しない女性かどうか

「オレがいないとダメって子はきつい」

人生をともに歩む以上、精神的に自立している女性が男性に喜ばれるようです。
思い切って新しい習い事や新しい友達を作るなど、ひとりの時間が充実させる努力も必要です。

でも、SMS依存や、他の友達と飲みあるくことはまた別です。
分別持って、外に飛び出してください。

4.社会人としての礼儀を身につけている女性かどうか

「どんなに好きでも常識がないとNG」

冠婚葬祭や親戚づきあいがこなせる「最低限のマナー」を、
男性は結婚相手に求めるようです。

可愛いだけでは結婚できない点でしょう。
社会での経験積み、目上の人への礼儀や自分の知らない常識を知っている女性がありがたいようですね。

5.自分の友人だけでなく、両親とも仲良くできる女性かどうか

「親との相性はポイント」

結婚は家族が関わるため、自分の親との良好な関係を女性に求めるのは仕方ないことですね。

彼の実家に遊びに行くときは
キチンとした挨拶ととびきりの笑顔を心がけるだけで、十分ですよ。

6.お金の管理ができる女性かどうか

「結婚したら同じ財布からお金が出ていくので」

金銭感覚が似ていて、家計を任せられる女性かどうかは大切です。

問題なのは浪費癖や借金をしてしまうこと。

例えば、家族そっちのけで好きなアイドルの追っかけや、必要だからといって高額な買い物をしてみたり・・・。
一緒に生活をするとなると、金銭感覚も大切な要素になってきます。

限度を持ってやること大切ですね。

7.居心地の良い「家族の空間」ができる女性かどうか

「料理がおいしいと、離れられなくなる」

生活をともにする女性はやはり家事に長けている方が、多くの男性が喜ぶようです。

しかし、整理整頓されている部屋って気持ちが良いですが、
あまりにも潔癖すぎるというのも気を使ってしまい、問題のようです。

ほどほどにできれば良いのです。

8.一緒にいて楽しく、落ち着ける女性かどうか

「ずっと一緒にいると思うと、大事」

ともに過ごす時間が増える以上、女性に安らぎを求める男性は多いようです。
仕事で彼が疲れているときは、「今日はゆっくり過ごそうよ」と、
外デートの予定を家デートに切り替えるのもよいかもしれません。

「休日の度に出かけ回る人って、家でのんびり過ごせないんじゃ? 一緒にいたら疲れそう」

男性もアクティブとそうでない人といます。
彼の様子を見て、判断するといいですね。

いかがでしたか?


1 2 3 4