母の弁当のおかずを毎日捨ててた。弁当に秘められた事実に涙が…

あの時もっと優しくしていれば…、あんなこと言わなければ…そんな後悔を誰しもしたことがあると思います。

悔いても悔いきれない、心が締め付けられるエピソードです。


スポンサーリンク

見栄えの悪いお弁当

誰しも学生の頃、一度はお母さんにお弁当を作ってもらった経験があるのではないでしょうか。

また思春期の頃は、特に見栄えの悪いお弁当、適当なお弁当だと「見られて恥ずかしい!」と思った人も多いと思います。

今回ご紹介するエピソードは、そんな見栄えの悪いお弁当が恥ずかしくて毎日捨てていた、そんな自分の行為を後悔することになった、胸が締め付けられるエピソードです。

ある方(Aさん)のお母さんは昔から体が弱かったそうです。

そのためか分かりませんが、毎日作ってくれる弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかり…。

こんなの友達に見られるのが恥ずかしく、毎日食堂へ行ってはお弁当はゴミ箱へ捨てていたそうです。

そんなある朝、お母さんが嬉しそうに

「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」

と嬉しそうに言ってきたのです。

Aさんは生返事しかしないで、そのまま学校へ行きこっそり中身を確認しました。



すると・・・
確かに海老は入っていましたが、殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、とても食べたいとは思えなかったそうです。

家に帰るとお母さんは、

「今日の弁当美味しかった?」

としつこく尋ねてきたといいます。

Aさんはその時イライラしていて、いつものお母さんの弁当に対する鬱憤も溜っていたので、

「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」

とついきつく言ってしまったのです。

するとお母さんは悲しそうに

「気付かなくてごめんね…」

と言い、それから弁当を作らなくなったと言います。

スポンサーリンク

衝撃な真相が…



その暴言を言ってしまってから半年後、お母さんは死んでしまったそうです。

Aさんの知らない病気で、お母さんの遺品を整理していた時、日記が出てきたと言います。

その中を見てみると、弁当のことばかりかい書いてあったのです。



最後には、このように書かれていたといいます。

「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」

そして、この日記はあの暴言をはいた日で終わっていたそうです…。

Aさんは、後悔で涙をこぼしたのでした。

いかがでしたか?

この話を読んで、それぞれもっと「両親や周りの人達にやさしくしよう」、「後悔しないように生きよう」と感じた人も多いと思います。

次は、話題になっているお弁当に関する感動エピソードをご紹介します。

感謝を伝えたくなる

学生最後の日だったのだと思います。

その日がお母さんに作ってもらう、最後のお弁当だったのです。

そのためか、お弁当に手紙が入っていたといいます。



それを読んで、感謝で何も言えなくなったそうです。

お母さんへの感謝の気持ちから、このように思ったと言います。

いつも作ってもらってるのに文句ばっかいって本当に迷惑かけたと思う。

でも改めてやっぱ母さんの大切さに気付いた。母さんありがとう。

卒業式にもう一度『ありがとう』って伝えよ。

感謝の気持ちに気づいたらすぐに伝えるべきですよね。

ひどいことを言ってしまったあと、その人が亡くなってしまい、もう謝ることも恩返しすることもできない、といった経験をしている人は多くいると思います。

だからこそ、これからはそんな後悔をしないようにしたいですね。

人はいつ何が起きるか分かりません。
いつでも自分の気持に素直に、相手の気持ちを考えて行動していったらいいのかな、と思います。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 「明るいところまで…」ヒッチハイクの女性を乗せた結果が…すごい