前田敦子の性格は本当に悪い?自由奔放に見える彼女を徹底検証!

芸能


飛びぬけて可愛いわけでも、スタイルがいいわけでも、面白いわけでもない前田敦子はなぜAKBを卒業した後でも一線で活躍し続けるのでしょうか?彼女の性格を徹底分析してみます。

前田敦子の性格①控えめで目立つのが大嫌い

AKB48のセンターに選ばれた時、普通の女の子なら、自分がトップに立てたのですから、嬉しくて涙を流すところ。

ですが、普段は控えめな性格で目立つのが大嫌い前田敦子は両目にいっぱいの涙を溜めながら、秋元康に「やめて下さい。センターは無理です。」と頼み込んだと言われています。

@foratsuminaさんの投稿

4人で組んだユニットでは「自分だけが目立ちたくない!」と大泣きしたかと思えば、メンバーからは「あっちゃんは何を考えているか分からない」と指摘されることも。

「そういう時は何も考えていない」と答えたり、コンサート始まりの円陣にも、前田敦子だけあまり参加することはないんだそうです。

前田敦子の最近が可愛くなった理由は何?肉食&恋愛も関係が!?に関する記事はコチラ

前田敦子の性格②帽子が脱げなかった理由

確かに見た目の印象も「掴みどころのない性格」に見える前田敦子。

過去には野田秀樹の舞台「逆鱗」を観劇中、ある問題を起こしていたことがありました。

この舞台の主役を演じた松たか子と前田敦子はCMで共演したことがあり、当日はきっと松たか子の魅力の素を知りたいと勉強を兼ねて舞台に足を運んだようですが、

 

@atsuko0710natsu)さんの投稿

上演前に「帽子はお取り下さい」とアナウンスが流れたにも関わらず、前田敦子はこのルールを無視して、途中退場にさせられてしまいます。

帽子を取ることは出演者に対しての礼儀とされており、また、後ろのお客さんの観劇を妨げないようにと、舞台の席ではある意味常識的なことなのですが…。

@atsuko_maeda_official)さんの投稿

なぜ前田敦子はこの日に限って、帽子を取ることができなかったのでしょうか?

彼女が舞台を観劇するルールを知らなかったとは考え難いですし、何か他に帽子を取ることができなかった理由がありそうなのです。

やはりミステリアスな性格を持っている人なのかもしれません。

勝地涼って結婚していないの?今度は前田敦子と熱愛スクープ!に関する記事はコチラ

前田敦子の性格③大御所のお気になのは空気が読めるから?

巷では性格が悪いのでは?と噂されている前田敦子ですが、なぜか、大物男優たちでも接し方・扱い方が難しいと言われている大御所女優たちからことごとく好かれてしまう、可愛がられているという一面があるそうです。

最近前田敦子が出演したのは、大竹しのぶ寺島しのぶが共演する映画「のみとり侍」ですが、

@atsuko_maeda_official)さんの投稿

スタッフの話によると、

「今作では脇役とはいえ、大竹さんと寺島さんの迫力がすごい。プライベートでは意外にも仲がいいというお2人ですが、現場では演技対決に“火花”が散りスタッフも緊張したそうです」(芸能関係者)

4月2日に行われた完成披露試写会では、共演する豊川悦司(56才)が女性の扱い方を「大竹しのぶさんと寺島しのぶさんに相当鍛えられました」と言い、「逆らわない。前に出すぎない。場合によっては目を合わせない。そういうことで乗り切ってきた」と語ったことからも、現場での2人の“恐演”っぷりがうかがえる。

そんな2人の間を上手に泳いでいたのが彼女だった。

引用:NEWSポストセブン

@atsuko_maeda_official)さんの投稿

前田敦子さん(26才)も共演しているんですが、2人にうまくかわいがられているんですよ。決して出しゃばりすぎず、2人の演技や話を脇で見聞きしながら、たまに言葉をはさんでいて、それがすごくいい具合。彼女は人見知りで、誰とでもすぐに仲よくなれるタイプではないんですけどね」(映画関係者)

最近、舞台、映画と演技の幅を広げ高評価を得ている前田。大先輩の2人からも一目置かれているという。

引用:NEWSポストセブン

前田敦子が大御所女優たちから可愛がられる理由は、前田敦子が決して出しゃばり過ぎず、2人の演技や話を見聞きしながら、たまに言葉を挟むなど、大御所女優たちに居心地の良い場所を提供していたからなのです。

本来は人見知りで、誰とでも仲良くなれるタイプではないはずなのに、なぜこんなことができるのでしょうか…?

元AKB前田敦子・アパレル役員彼氏と熱愛報道!激写の顔がヤバイwに関する記事はコチラ

前田敦子の性格④潜むギャプ…控えめさと大胆さ

今や大御所女優たちから可愛がられる前田敦子ですが、過去には色々とやってしまったことが多々あるようです。

例えばどんなことをしてきたのかというと、

①ヲタからのファンレター駅ゴミ箱ポイ捨て事件(ファンからの通報)

②映画デビュー作真夏の撮影の時(他のメンバー数名も出演、他のメンバーが炎天下の中、木陰で涼をとってる最中、気遣いもせず、一人ディレクターチェアに座りADに団扇で煽がせている所をエキストラで
出たヲタ多数が目撃)

③映画撮影当時(あまりの猿芝居に激怒した監督が役者を代えるように怒鳴りちらした)

④握手会当日ドタキャン(当日直前になりtgブロで発表、激怒したヲタで現場は一時大混乱。他メンが現場で代わりに握手してヲタに謝る場面多数。本人からの謝罪一切なし!当時の情報からただの寝坊だとバレる。この頃からヲタ離れが加速。大女優と呼ばれ始める)

引用:アイクル

@atsuko_maeda_official)さんの投稿

確かにめちゃくちゃな内容ですね。こういう人がトップにいたら嫌な気持ちになってストレスが溜まってしまいそうです。

こういうことをする反面、大御所女優には気に入られているとなると、相手や場所はわきまえて行動しているはずです。

芸能界で生き残るには、これくらいのことを普通にこなす人でなければ身が持たないのかもしれません…。

前田敦子の性格⑤恋愛には肉食

例えば、乃木坂46の西野七瀬のように、世の中にはどうみても恋愛に奥手なタイプがいる反面、恋多き女と呼ばれる、肉食女子も存在します。

AKB48の時の前田敦子…あっちゃんと呼ばれた頃はまだ奥手な部分が垣間見れたかもしれませんが…、

@yuu6m)さんの投稿

現在の前田敦子はというと、これまで山本裕典(最近見なくなってしまった)→三浦翔平佐藤健との未遂→尾上松也勝地涼との熱愛が発覚したばかりです。

…現在26歳という前田敦子の年齢を考えると、多くはないかもしれませんが、ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で見せた姿が素に近いのでは?と思ってしまう部分もあるのです。

前田敦子の性格⑥心が折れない努力家

福山雅治が主役を務めた龍馬伝に出演した際は「センターが当たり前田の前田敦子」というキャッチフレーズを付けられたり、「かわええのー!」と土佐弁で褒められる場面があるなど、なぜかここでも大物に気に入られてしまった前田敦子。

芸能界のドンの1人であるタモリからは「まえあつ」と呼ばれ、また前田敦子はタモリのことを「親戚のおじさん」と呼んでいるそうです。

@atsuko_maeda_official)さんの投稿

そんな前田敦子の性格を総合的に考えてみると、前田敦子は控えめな性格とお洒落なファッションセンスを持ち合わせながら、バランス感覚に優れ、つるむ相手は元AKBのメンバーよりも、高畑充希池松壮亮柄本時生らが参加する「ブス会」の俳優陣。

そもそも前田敦子はAKB48にいるようないわゆる普通のメンバーとは話が合わないのではないでしょうか…。

@atsuko_maeda_official)さんの投稿

彼女のことを調べていて分かったことは…何があっても決して心が折れないことです。

どんなに演技が下手で怒られても、どんなに恥ずかしい写真を週刊誌に掲載されても、熱愛スクープされた相手に振られたとしても…、前田敦子は時間が経てばケロッと忘れて、またその場に戻ることができてしまいます。

前田敦子を称して「センターに一番向いていない女の子」というのは、AKBの生みの親である秋元康。しかしながら、「そんな女の子が人一倍努力して栄冠を勝ち取っていく。そんな姿に皆が共鳴するのではないか。もし、前田敦子が誰もが羨む美貌とスタイルの持ち主だったら、皆も応援する気にならなかっただろうし、ここまで人気も出なかったんじゃないかな」と評しました。また、同期の大島優子は、前田敦子の魅力を「努力するストイックさ」と述べています。

引用:斜め上からこんにちは

確かに前田敦子は誰もが羨む美貌とスタイルの持ち主ではありません。誤解されても…変な噂が1人歩きしたとしても…努力し続ける人。前田敦子はそういう性格の方なのかもしれません。