マーガリンは危険なプラスチック?健康的な植物油というのはウソだった・・・


ひと昔前まではマーガリンは植物性の油で作られているので、

動物性油脂のバターに比べるとヘルシーだ思われていました。

しかし、実はマーガリンにはトランス脂肪酸という

危険な物質が入っていました・・・


スポンサーリンク

固まっているのはオイルのプラスチック化

現在ではバターに代わる家庭用のマーガリンとして

またショートニングという名で製造用に使われる無味のマーガリンは

パンや菓子類の練り込み材料として、

フライドポテトやチキンの揚げ油として、

アイスクリームやコーヒー用のミルク

カレーのルウなどの加工食品などに、広く使われている。

 

マーガリン・ショートニングが科学的に安定して

腐らない植物油脂であることの理由は


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

マーガリンは危険なプラスチック?健康的な植物油というのはウソだった・・・


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image